彼から絶対返事がもらえるLINEの送り方・4選

付き合う前はマメに連絡をくれた男性が、恋人関係になった途端、素っ気くなるのはよくある話。“釣った魚に餌はやらない”って言葉があるように、メールやLINEを放置されるは仕方ないことなのかもしれません。

「それって、既読スルーされても我慢するべきってこと?」

いえいえ、そんなことはありません。ちょっとしたコツを抑えるだけで、男性からの返信率はぐっと上がるんです。

そこで今回は、気になる彼から絶対返信がもらえるLINEの送り方をご紹介! 今すぐ使えるメッセージばかりなので、早速チェックして実践してみましょう。

1:「昨日は大丈夫だった?」

「会社の新年会で飲みすぎちゃったとき、同僚から『昨日は大丈夫だった?』『体調大丈夫?』って聞かれて素直に嬉しかった。いつもスルーしちゃうような内容も、スタンプ使って積極的に返信しちゃうくらい心に染みたね」(26歳・メーカー)

弱っているとき、「大丈夫?」「無理しないでね」と優しい声をかけられると、思わず抱きしめたくなってしまうほど心が揺らぎますよね。実はコレ、男性も同じ! 飲み会の翌日や病み上がりで出勤してきたときを狙って、LINEしてみてはいかがですか?

2:「○○について教えて~」

「自分が得意な分野について聞かれたら、放っておけないかな。もちろん気になる女性だったら、親身になって相談にのるし、たとえ脈なしだったとしても何かしら反応すると思う」(29歳・建築)

パソコンや家電、車など、気になる男性が詳しい分野について、「おすすめがあったら教えて」「AとB迷ってるんだけど、どっちがいいかな?」など、意見を求めるとどうしても放っておけないのが男心。頼られると嬉しくなって、メッセージを送り返してしまうそうですよ。

3:「忙しいのにありがとう」

「どんなに小さなことでも『ありがとう』って口にできる女性って素敵だよね。『仕事が忙しいのに、連絡してくれてありがとう』なんて気遣いのできるいい子には、なるべく早くLINEを返したいって思うし。ちょっと返信が遅れただけで『なんで?』『どうして?』ってすぐにカッとなる自己中女に見習ってほしいもんだね」(27歳・公務員)

男性は気遣いのできる落ち着いたオトナの女性が大好き。「忙しいのにありがとう」「LINEできて嬉しい」「遅くまで無理させちゃってごめんね」なんて優しさに触れると、胸がキュンとしてすぐに返信してあげたいと思うんだとか。あなたもちょっとオーバー気味に喜びを表現してみてはいかがですか?

4:「○月△日あいてる?」

「『早く会いたいな』『次のデートはいつにしようか』といった曖昧なお誘いより、『○月△日あいてる?』って具体的に言ってもらえた方が助かるし、返信しやすいかな。もしダメだったとしても、他の候補日をすぐに知らせることができるでしょ?」(26歳・薬剤師)

自分から誘って断られれるのは絶対イヤだから、「早く会いたいな」「○○行ってみたいな」なんて言葉を並べて、男性からのお誘いを待っている女性は多いはず。でも、彼はそんな曖昧な言葉よりも、「この日にデートしよう!」と誘われた方がスムーズに返信できるようですよ。

今回のまとめ

いかがでしたか? ぐだぐだと意味のないやりとりを嫌う男性に、「おはよう」「今なにしてるの?」といったLINEをするのは逆効果かもしれません。ちょっとでも既読スルーを回避するために、今回ご紹介した4つのメッセージを試してみてくださいね。

 

(取材協力)
20~30代独身男性

 

photo by Skley


この記事どうだった?

2いいね!

2うーん…