彼に「浮気してる?」と聞かれ図星だった時、どう答えて切り抜ける? 

浮気は男性だけの専売特許ってわけじゃないですよね。
彼氏のことが好きで別れる気なんてなくても、新しい刺激を求めたり、何らかの事情で”つい”他の異性とデートしてしまうことが、女性にだってあると思います。
ま、それは仕方ないのだけど…
そのことを彼氏に知られてしまったら!!
もしくは疑われてしまったら?!
絶対絶命のピンチですよね。だって別れたくないんですもん。

「浮気してる?」
彼にそう聞かれ、図星だったとき…
あなたならピンチを切り抜けるため、どんなセリフを選びますか?

×回答例「何度もしつこく誘われてね、それで…○△××…でも、1回デートしただけよ」 

たくさん話すと弁解っぽくなるんです。

たとえば彼氏が連絡を怠ったり、遅く帰ってきて問いただした時に、いつになく饒舌だと、なんかヘン、って思うでしょ? 同じです。
人は嘘をつくとおしゃべりになります。
あれこれ説明すればするほど、たとえ真実を話していたとしても嘘をついているように思われてしまいます。

彼は「浮気してる?」としか聞いていないのに、わざわざ自分で詳しい状況を説明する必要なんてありません。
言語化することで、彼はあなたの浮気についてよりリアルに想像し、疑いを強めてしまいます。
弁解することで、シロに近かった事実でも、クロに見えてしまうんです。
だから×!

△回答例「だって最近会ってくれないし、さびしかったんだもん」

自分の感情を訴えることは事実説明よりは有効ですが、女性側に落ち度がある場合、彼の神経を逆撫でしてしまう危険があります。
『だからって他のオトコに走るのかよ!! 』てな具合に。

かといって、素直に「ごめんなさい」と謝ればいいかというと…それもまたNG !
たとえ、「(あなたに心配かけて)ゴメンナサイ」のつもりで謝ったとしても、彼には「(浮気をして)ごめんなさい」に聞こえてしまいます。
はっきり認めたことになってしまい、これもまたシロに近かった事実が、クロに引き寄せられてしまうんです。

○回答例「さあ、どうかなあ…」

え、なんじゃそれ? と思われるかもしれないですが、最もおすすめなのは一見不誠実に見える曖昧な答え方なんです。
肯定も否定もせず、あくまでグレーを強調する!
その答え方が最もシロに近く思わせます。
彼に「ごまかすな!」「どっちなんだよ?!」と突っ込まれても、ぺらぺらしゃべらない。むしろ、へらへらして「浮気したかもよ…」「ワタシってばモテるからねえ」と逃げ切ってください。
何度も同じ人と会っている事実や、完全な浮気の証拠をおさえられていない限り、1度の過ちくらいならこれで逃げ切れるはずです。

 “グレー”を強調するのが”シロ”に近づける秘策なんです。

おわりに

いかがでしょうか?
1度の過ちでなく本格的に浮気をしていて、それがバレたとしても…彼をとりたいなら、絶対に自分から白状はしない方がいいです。

彼は問い詰めてはいても、本当は真実を知るのが恐いのです。そうではないと思いたいのです。
もし、恐れていたことが真実だと知ってしまったとしたら…彼女が同時進行で他のオトコとつき合っていたことを認めてしまったら…男性が浮気をしたときよりも許される確立は低いと覚悟した方がいいでしょう。
彼との関係を続けたいなら、たとえ図星であっても絶対的に浮気を認めるような発言を避ける! 何があってもごまかしきる!
この鉄則を覚えておいてくださいね。

 

参考文献 
「恋愛心理学」 植木理恵  青春出版社

Photo by jagged-eye


この記事どうだった?

0いいね!

5うーん…