来年の手帳はもう買った?自分磨きを効果的に行う手帳の使い方

2013年も終わりが見えてきましたが、今年の目標はちゃんと達成しましたか。そろそろ来年へ向けて、手帳を買い始める女子も多いのではないでしょうか。

今日はみんなが大好き(?)自分磨きの効果が高まる、手帳の使い方をご紹介します。

All sizes   Datebook 2012   Flickr - Photo Sharing!

 

そもそも自分磨きは必要なのか?!

「自分磨き」で検索すると、磨き方の方法と同じ位、間違った自分磨きについて警笛を鳴らしているサイトが多く見られます。こうして数多の情報が流れつづけるのには理由があります。

今自分磨きに励む女子は、突然ですが何のために自分磨きをしているか、考えた事はありますか?勉強するなら資格や受験に合格したいなど、目的があって取り組むと思いますが、自分磨きに関しては漠然と「キレイになりたい!」など、感情だけで取り組んでいる女子が多いのではないでしょうか。

これではせっかくの素敵な頑張りも、ある程度まで行くと結果が出ているのか、進んでいるのかわからなくなり、途中で挫折してしまう原因になります。

自分磨きは目的にそってバランスよく

自分磨きの誤った例として、ダンスや英会話などの習い事がよく挙げられます。

これらは恋愛にとっては、確かに意味の無いものかもしれませんが、目的が何かによって、一概にも意味がないとは言えないのが分かると思います。

例えば、あなたが自分磨きを始めた理由が「恋愛したい」よりも「自分にまず自信を持ちたい」場合、自分の自信に繋がる事をある程度やってみる方が、長い目で見て充実度としては高いはず。

色々な事に取り組み始める前に、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。

自分磨きを効果的に行う手帳活用

目的を確認して、毎日行うことを決意したアナタ。ここで手帳の登場です。

手帳というと、未来の予定を書く方が多いと思いますが、実は記録表として使うことで、過去と現在、未来の自分の時間をコントロールでき、自分の幸せにとても貢献してくれるアイテムなのです。

手帳の種類に指定はありませんが、書いていただきたい事は3つです。

①自分磨きを始めた理由を具体的に書く
※キレイになりたい!ではなく、キレイになっていい恋愛を始めるなど、具体的に始めた理由は書きましょう
②定期的に自分のやった事、それが①にどうプラスか記録する
③②を踏まえて、次はどんな事に取り組むか、どこを改善させるか書く

これら①~③は一言づつでもかまいません。大事なのは自分のやっている過去、現在、未来をきちんと把握し進む事。

先ほどの例で解説すると

①理由「自分に自信を持ち、恋愛がしたい」
②ダンスを習う。恋愛にはプラスになっていないが、ダンスを習うことで、自分の成長が見られてとても楽しく、充実感がある。
③ダンスは続けるが恋愛にプラスになることを取り入れたい。次は出会いの場に足を運ぼう。

このように、短くて良いので定期的に自分がやった事を振り返ってください。こうすることで、自分の行っていることが、何に対して行っているのか迷う事もなくなり、素敵な恋愛や充実した毎日にプラスになります。

冒頭で今年の目標は達成しましたかと聞きましたが、実は半数以上の女子が、今年の目標を覚えていないという調査結果もあるそうです。

20代より30代、30代より40代の方が、時間の流れは早いと言われています。ぜひ自分の時間を上手にコントロールして、綺麗や幸せを来年こそは手に入れましょう。