矢口真里がベッキーへおくった言葉

21日、タレントの矢口真里(33)が都内で行われた映画「ヘイトフル・エイト」(27日から公開)のイベントに出席しました。

雪山のロッジに閉じ込められた8人がウソをつきあう物語。

「ヘイトフル」が「嫌われる」という意味なので矢口さんが呼ばれたよう。

矢口さんは「わかってます。順調に嫌われています」と自覚しているようです。

矢口さんとは全く関係がない恋愛騒動のたびに自分の名前も出てしまう状況について、矢口さんは「精神を鍛えられています。鋼の心で頑張ります!」と芸能界で生きていく決意を語りました。

「バラエティー番組ではリップサービスしないと…」という気持ちから、いろんなことをしゃべってしまうそう。

この日も嫌われている芸能人の名前を聞かれると「言えない!」と言うものの、恋愛騒動中の狩野英孝さんについては「一冊の本になりそうなくらいほっこりする」とコメント。

さらに不倫で休業しているベッキーさんについては「人生は一度きり。大変な時期を過ごされている方は世の中に沢山いると思うけど、何かを乗り越えた時に人は絶対強くなるの。あきらめずに突っ走ってほしい」とエールをおくっていましたよ。

ガルタメ芸能学園:yuco


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…