彼の浮気を封じる、たった1つの重要な法則

どんなに仲良く過ごしている2人でも、ふと不安になる…「彼氏の浮気」

あなたの彼だけは大丈夫!と言いたいところですが、これはもうどんな品行方正な彼氏だったとしても「100%ない」と言い切れないのが男性のサガ。(もちろん男性だけではないですけどね)

だからって平気ではいられないので、なるべくそんな事態を回避し、彼の浮気が封じられる法則を女子の皆さんに伝授したいと思います!

「浮気しないで」と禁じるのは逆効果

あなたは、
「絶対、浮気しないでね!」
「浮気なんてしないって信じてるから」
こういった言葉を彼氏に言ったことがあるでしょうか。
実はこの2つの言葉のどちらを聞いても、男性はつい浮気をしたくなってしまうってご存知でしたか?
浮気を封じるために最もよくないことは、「浮気をしないで」と禁じることなんです。
なぜなら、人は理由なく否定されたものに対して心理的に誘導され、否定されればされるほどやりたくなる習性をもっているからです。

アメリカに「シロクマ実験」と呼ばれる面白い実験の結果があります。
3つのグループに同じシロクマの映像を見せ、それぞれに「シロクマのことを覚えておけ」、「シロクマのことは考えても考えなくてもいい」、「シロクマのことだけは考えるな」と伝えたところ、1年後に最も映像の内容を記憶していたのはどのグループだったかというと…

そうなんです! ご想像通り、「それだけは考えるな」と伝えられたグループだったのです。

……最初に提示した言葉ですが、「浮気」という単語が入っている時点で、相手の心には「浮気」という単語だけが印象深く残り、意識するようになって、浮気が俄然身近な存在になってしまいます。

ではどうすればいいか?
浮気を封じるためには、「彼は浮気なんてしない(それが当たり前)」という前提で話をすればいいのです。

「無邪気な言葉」と肯定は裏切りを困難にさせる

たとえばどこかのトイレでこんな貼り紙を見たことがないでしょうか。
“トイレをきれいに使っていただいてありがとうございます”
こう書かれるとキレイに使わざるを得ない気持ちになりますよね。

人って、相手が完全に自分のことを信頼してくれているのがわかると、裏切るのが困難になってしまうものです。

だから! 彼は浮気なんかしない…彼が浮気するなんてことは全く頭にない…と、親を信じ切っている赤ん坊のように無邪気な態度を取っていれば、少なくとも彼は彼女を裏切ることに抵抗を感じるはずです。
「ほんとに誠実だよね」
「あなたの1番好きなところは正直なところ」
と、彼の性格を評価し肯定的に話していると、嘘もつきにくくなるでしょう。

おわりに

いかがでしょうか。
たとえば大人の女風に、「浮気しても、バレなければいいよ」なんていう言葉の投げかけをどう思われますか?
確かに「浮気しないで」と禁じるよりも、条件付きで「浮気してもいい」なんて変に奨励されると浮気への欲求は下がるかもしれません。

ただ、なんとなくこれは可愛くない言い方ですよね。
こんな風に言われると、浮気をするしない以前に彼氏の気持ちを冷めさせてしまうかもしれません。
効果的であっても可愛げのない言葉を選んでは元も子もないでしょう。

ですから、浮気を封じるのに重要な法則は、まず「浮気」という言葉を使うのを全面的にやめることです!
2人の辞書にはそんな言葉は存在さえしない、という風に。

 

参考文献 
 「恋愛心理学」 植木理恵   青春出版社

 Photo by pony3295


この記事どうだった?

1いいね!

2うーん…