初回で振る舞う手料理は「居酒屋メニュー」がベスト!? 本命男性を狩る7つの戦略

結婚を意識してしまうアラサーともなると、そろそろ「本命男性」と出会っておきたい! でも、出会うだけではなく、交際まで発展させるのが課題……。そこで、コラムニストの菊池美佳子さんに、本命男性をゲットするための方法を教えていただきました。

「アラサーは結婚適齢期のど真ん中。周りの男性を見てみると、ステキな人は既婚者だったり、カノジョ持ちの人も多いはずです。いいなと思う独身男性はどんどんいなくなってしまうので、本命男性は素早くつかまえておく必要があります」と菊池さん。

アラサー女性が本命男性を落とすための、7つのテクニックを伝授します。

1、デートの提案はできるだけ具体的に

「1回目のデート中に、男性から誘われやすい発言をしておきましょう。『●●を食べたいな』など、具体的に何をしたいか提案すると、男性も『●●を食べに行かない?』と誘いやすくなります。『私、お好み焼きをひっくり返すの上手いんだよね』など、自分を印象付ける発言もおすすめです」

「お好み焼きといえばあの子だな」と思い出してもらえば、誘われる可能性もぐんとアップします。

2、「好き」の伝え方は純粋であること

「特に意識していなかった異性から『好き』だと伝えられて、相手のことを徐々に好きになった経験はありませんか? 好きだと言われることで、自然と相手のことを意識し始め、徐々に相手に好意を持つようになることもあります。ただし最初から『好きだから付き合って』と見返りを求めるような発言ではなく、まずは純粋に『好き』という気持ちを伝えるのにとどめておきましょう」

「好きだから〜して」はひとりよがりな発言にとられてしまいます。関係を深めてから伝えると良いでしょう。

3、初回で料理を頑張りすぎない

「初回のおうちデートでは、冷やしトマトにソーセージ、枝豆だけでOKです。切るだけ、茹でるだけで仕上がるラクな居酒屋メニューにしておきましょう。手の込みすぎたものを作ると男性は『私、料理上手でいい女でしょ?』とアピールされている感覚になります。付き合う前から結婚相手として狙われているのでは……と身構えてしまいます」

男性にプレッシャーを与える行動は慎みましょう。

4、昼間デートより、夜デート

「昼間の明るい時間帯にカフェでランチやお茶など、まったりした時間を過ごすのもいいけれど、大人の関係には発展しにくいでしょう。夜デートであれば、自然なかたちで色っぽいシチュエーションに持っていけます」

昼デートは交際をスタートして、関係が落ち着いてきてからでも、十分楽しめます。恋を進めるなら「夜」がキーワードになります

5、ユーモアの溢れる受け答えを常に意識

「交際前に男女の関係に発展しそうになったときには、重さを感じさせない、ユーモアに富んだ返しをしましょう。『そんなことしたら結婚迫っちゃうよ!』というように、冗談っぽく可愛く伝えることが大事です」

「関係を持ったら結婚前提の正式交際をしてくれるよね?」など、迫ると男性は怖がってしまうかも…

6、ある程度、隙をアピール

「恋愛話の最中に『大学生の頃は一晩限りの恋愛をしたこともあったかなぁ。今はさすがにないけれど』というように、過去の恋愛失敗談を話してスキを見せましょう。ポイントは『今は違う』ということ。『今はきちんとしているんだな』と認識してもらえます」

その他にも、電車で揺れたときにつり革ではなく、男性のバッグや服の裾をつかむと隙を演出できますよ。

7、品良く、丁寧に話す

「話をするときに、『●●君、あのね……』というように、相手の名前を呼びかけると、親密になりやすいです。名前を呼ぶか呼ばないかで、印象はかなり変わります。また、丁寧な言葉遣いでゆっくり話すのも、女性らしさを感じさせるためには欠かせません」

品の良い話し方をすることで、大人の女性ならではのエレガントさを感じさせましょう。

菊池さん、ありがとうございました。アラサー女性が本命男性を射止める方法、今日から早速試してみてはいかがでしょうか。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…