デート中に男性が喜ぶ3つのアプローチ

気になる彼からデートのお誘いが! 
何を着ようか、どこへ連れて行ってくれるのか。想像しただけで楽しくなってしまいますね。

でも当日は張り切りすぎて空回り。前日が一番楽しかった・・・・・・、
なんてことにならないように、「デート中に男性が喜ぶ3つのアプローチ」をまとめてみました。

1、男性の提案にプラスアルファで返す

選んだお店やデートコースに「いいね!」と返事をすることは大事です。男性も「このお店で気に入ってもらえるだろうか」と心配しています。「前から行きたかった」「○○大好きなんだ」とポジティブな返事をしましょう。
もう1つ加えるなら、「近くに素敵なカフェがある」など、プラスアルファの提案はなお良しです。
一緒にデートを盛り上げようとしている感じが伝わると、男性も嬉しくなってきます。

逆に気に入らないデートコースだったとしても、「うーん、ちょっと・・・・・・」のようなネガティブな返事はNGです。「それなら○○のほうがいいな」など、女性側からもポジティブな提案をしてあげましょう。

相手のことを真剣に考えてくれる男性は、デートコースだって真剣に考えてくれています。受け身でいるだけではなく、プラスアルファの提案で一緒にデートを盛り上げましょう。

2、さりげなく好意をアピールする

初めてのデートの場合、女性の仕草や言葉に男性は注意を払っています。ダイレクトに「好き」と言えなくても、さりげなく好意をアピールすることはできます。

・「ねえねえ」と袖をつまむ
・男性のセンスを褒める
・奢ってもらったときは「次は私が奢るね」と言う

次回につながるような話をすると、自分に好感に持っていることが伝わります。その他にも質問で好意を伝えることができます。

「休みの日は何をしてるの?」
「小さい頃はどんな子供だった?」

誰だって、自分に興味を持ってもらえるのは嬉しいです。「あなたに興味がある」というニュアンスの質問をして、男性を盛り上げましょう。

3、コンプレックスのカミングアウト

コンプレックスや悩みを他人に打ち明けるのは勇気が必要です。でも、受け入れてもらえたら嬉しいですし、安心もしますよね。

男性は自分に悩みを打ち明けてくれる女性に好感を持ちます。「彼女にとって特別な男になれた」という感覚がうれしいのです。

あまりに重たいコンプレックスや、無理にカミングアウトをすることはNGですが、人見知りや機械音痴ぐらいなら、打ち明けてみましょう。

「人前では緊張して話せない」
「ITに弱くてスマホが使いこなせない」

人見知りなら「今度、一緒にパーティに行こう」と誘ってくれるかもしれませんし、機械音痴なら、スマホの使い方を教えてくれるかもしれません。男性は気になる女性の力になれると、とても嬉しいのです。

デートは二人で盛り上げるもの!

デートは一人で楽しむものでなく、お互いに盛り上げて楽しくするものです。
男性にリードを委ねつつも、プラスアルファの提案をしたり、さりなげく好意を伝えたり、男性を盛り上げて、楽しいデートにしましょう。

ちょっと仲良くなってきたところで、コンプレックスや悩みを打ち明けてみるのも良し。一気に距離が縮まって、男性にとっての「特別な女性」へと変わっていくと思いますよ。

 

(writing by 前田ヒロキ)


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…