料理の取り分けよりも注意すべきは……合コンで成果をあげる6つのポイント

出会いの場として、独身男女に人気の合コン。しかし、せっかく合コンへ行っても、気になる男性と接近できない、その後につながらない……なんてお悩みの方も少なくないのでは。
そこで、コラムニストの菊池美佳子さんに、合コンで役に立つ心がけや、ちょっとした裏ワザを教えていただきました。

「合コンに誘われたら、積極的に参加しましょう」と話す菊池さん。「『私みたいに普通のコが行っても大丈夫かな……』などと、不安に感じる必要はありません。合コンには美人しか行ってはいけない、という決まりはありません。参加することで、男性と出会うチャンスはぐっと広がります」。

まずは参加して、出会いのチャンスを手に入れることが大事。でも、実際にどうすれば、合コンで気になる男性と近づけたり、今後のデートにつなげられるのでしょうか? 6つの方法をご紹介します。

1、聞き上手になる

「女性のおしゃべりする量は、男性にとっては多すぎます。合コンの場で、女子会と同じペースで話していては、男性から『しゃべりすぎ……』と引かれてしまうのは確実。極力、聞き役に徹するよう、心がけてみてくださいね」

本当にモテるのは「聞き上手」な女性。加えて「話し方も重要です」と菊池さん。早口で話すとせっかちに見られやすく、ゆっくり話すと男性ウケはアップします。話す量も自然と減るはず。

2、男の人に任せる

「合コン中に大皿で出てきた料理を、我こそが取り分けようと、女性同士がトングを奪い合っている姿は、見ていて怖いものがあります。女性の私でもそう感じるくらいですから、男性にとっても怖いシーンに映るはず。むしろ取り分けは男性にやってもらっても良いのではないでしょうか」

「男性は行動に理由づけしたがる人が多いです」と菊池さん。たとえば、焼肉デートでは、男性にお肉を焼くのを任せてみましょう。「どうして俺はこの子のために、肉を焼いてあげているんだろう」→「あれっ、つまり、このコのこと好きなのかな!?」といった思考になり、結果的に好きになってくれる可能性があるからです。「家庭的な一面を見せよう」とがんばりすぎるのは逆効果に。

3、ドリンクの減りに敏感になる

「料理の取り分けよりも、手元のグラスのお酒がなくなっていることに、気付いてあげることの方が重要です。『自分のことをよく見てくれているんだなぁ』と、男性も嬉しくなるはず」

押し付けがましくない程度の、さり気ない「気遣い」を感じさせることで、男性からのウケはバッチリに。

4、どんな合コンの誘いも断らない

「微妙な合コンばかり開催する女友達だからといって、その子の誘いを断るのはもったいないです。たとえ、あまりステキな男性メンバーを連れてきてくれなくても、参加者男性の友人に、ステキな男性がいる可能性もあります」

「『次回はまた別のメンバーで合コンしよう』と、次なる合コンへつなげましょう」と菊池さん。友達の友達をたどることで、合コン回数を増やしたり、合コンで出会う人を広げることができます。

ここからは、すこし高度な裏ワザをご紹介します。

5、途中で帰る

「二次会中にお金だけ置いて、こっそり途中で帰るという手もあります。気になる男性が近くの席にいて、あまり楽しくなさそうであれば、『帰りたいね(笑)』と言って一緒に出ると、ふたりだけで三次会を楽しめますよ」

まさに「抜け駆け作戦」です。最後までいても、そんなにいい結果はないなと感じたら、こうして途中抜けする裏ワザを使うといいかも。「ただし、お金はきちんと置いて帰りましょう」と菊池さん。

6、靴をゆっくり履く

「二次会への移動前のタイミングで、居酒屋の玄関口で、あえて靴をゆっくり履くという手もあります。必ず男性ひとりくらいは待ってくれるので、その人と個別に飲みに行けば、距離を縮めることもできますよ」

「抜け駆け作戦その2」ですが、皆が既に酔っぱらった二次会に、続けて参加するよりも、ふたりきりで深い話をした方が、気になる男性との仲を深めることができそうですよね。

菊池さん、ありがとうございました。合コンでの心がけを意識しつつ、時と場合に応じて裏ワザを使いながら、次の合コンに臨んでみてはいかがでしょうか。

KOIGAKUの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…