男心をくすぐって「この女をモノにしたい!」と思わせるテクニック4選

男子が「この女子のことをなんとしてもものにしたい」と思っているときって、病気のときです。

そもそも恋しているときって、厳密には少し体温が高くなっており、微熱がある……つまり恋は病である……こういう識者のご意見にならえば、病気なんです。

別の見方をすれば、男の闘争心に火が付いたとき、男は「この女子のことをなんとしてもものにしたい」と思ってしまうといえます。

具体的には女子はどうすればいいのか?

さっそくご紹介しましょう!

1:ボディラインが出る洋服を!

「胸のラインがよくわかるような、胸にフィットしたセーターを着てこられたら、もう、なんとしてもものにしたいと思います」(27歳・IT)

男子って「女性らしいカラダつき」を見て「しまったら」、もう病に侵されてしまって……ということになりがちです。

でも……という但し書きがつきますが、それが以下。

2:でもエッチそうにしない

「でも、あまりにエッチそうにされると、恋の病はすぐに治ります」(同上)

つまり、この女子、とっても女性らしいカラダつきをしているのに、ホントはエロい女子なのかどうなのか、という「正解」を知りたいなんとしても知りたい! これがポイントだろうというご意見です。

なんでも「知りたい」と思えば「とことん」ですもんね。

3:連絡を少な目にする

「ぼくがメールを送っても3回に1回しか返ってこないとなると、もうなんとしてもものにしたいと思います」(25歳・広告)

ちょっとした飢餓感を与えてやると、男は闘争心にみずから火を放つみたいです。

つまり男にとって「本当に欲しいもの」は「手が届きそうで届かないもの」なわけです。

4:同時に2人以上の男子を口説く

「ふたり気になっている男子がいるの♪ なんて言われた日にはもう」(30歳・デザイン)

もう、のあとは「もうその女子が欲しくて欲しくてたまらなくなって、いてもたってもいられなく、今すぐに抱きたくなる」と、こう続くわけです。

今回のまとめ

いかがでしたか?

冒頭にも書いたように、男の闘争心に火をつけることができれば、「どうしてもこの女子のことをものにしたい」と、男たちは思うようです。

ま、あれですよ、女子として死ぬまでに1度は、ふたり以上の男子から「おれと付き合ってよ、いや、おれと付き合ってよ」と、奪い合われてみたいとお考えの女子は、「そんなこと」すぐにできる、ということです。

こういうのは、ある意味、女子の特権ですから、どんどんやってみてはいかがでしょうか?

男がふたり以上の女子から奪い合いをされるというのは、なかなかできません。お金と、それを稼いでいる勢い(というかオーラ)があれば、奪い合われる状況になる、というのは、芸能人を見ていてもよくわかるかと思いますが、そういう男子、ごくごく一部なんです……。


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…