運命の彼に「しっぽを巻いて逃げられてしまう」女子の特徴4選

せっかく運命の彼に出会っても、その彼がしっぽを巻いて逃げてゆく……世の中、こういう珍しいこともあるようです。

今回は、運命の彼に「しっぽを巻いて逃げられてしまう」女子の特徴に迫ります。

さっそくご紹介しましょう!

1:ほかの男子にも平等にやさしい

「ぼく以外のほかの男にも、ぼくにするのとおなじように優しい女の子がいました。絶対無理だと思って、速攻で別れました」(25歳・教材販売)

こういう「打たれ弱い」男子だっています。

もっとも、こういう男って、彼女に対して「この女子はおれのもの」くらいに思っているのだろうと思います。「おれのもの」を、ほかの男子とシェアしようなんていう発想はみじんもないのでしょう。ま、ある種のピュアな男心です。

2:すぐへそを曲げる

「かわいい彼女だったんですが、なにをやっても、すぐにへそを曲げるところがあって、無理だなと思って別れました」(27歳・IT)

男子って、女子にへそを曲げられたらどうしていいのかわからなかったりもします。それがわかっている男子は、よく女子のことを知っている、つまりよく遊んでいるのだろうと思います。

3:無口

「運命の女子だと思って、よろこんで付き合いましたが、デートをしても彼女は無口! 限界だなと思って別れました」(26歳・飲食)

デートをしても無口という、これまた珍しい人種も、男女問わずいるそうです。

デートは営業とおなじです。

なんでもいいから、なにか喋れ! です。

お客さんを前に黙り込む営業マンっていないですよね? 今日は天気いいですね~とか、ご出身はどちらですか? とか、もうなんでもいいので、とにかく話題を見つけますよね?

デートもおなじです。

4:女子会が忙しくて・・・

「やっと運命の彼女に出会えたと思ったら、その女子、女子会が忙しい人みたいでした。当然、なかなかデートができないですし、デートしても女子どうしの会話を再現してて……つまらないので別れました」(26歳・デザイン)

女子どうしの会話って、男子にとったら「結論が書いていない女子どうしの掲示板」みたいに感じるのだろうと思います。

つまり外に開かれていない会話に聞こえるのでしょう。

今回のまとめ

いかがでしたか?

4つの証言が出てきました。

こういうのは、著者に言わせれば、単純にコミュニケーション能力の欠如です。

相手の立場に立ってものを考えるクセをつけないと、何回運命の彼と出会っても無理でしょう。

正解を丸暗記すればよかった受験勉強とはちがって、恋に正解はありません。正解がないことをやって成功しようと思えば、想像力が求められます。

相手はなにを考えているのか、相手は次なにをしてもらいたがっているのか?

こういう想像力が恋を進展させるエンジンになります。

あなたの想像力が元気でありますように♪


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…