男子に「恋愛に臆病な女子」だと認定されがちな女子の特徴4選

臆病者と言われて、あまりいい気がしないのは、おそらく男のほうではないかと思いますが、女子だって、恋に臆病な女子と思われたら、あまりいい気がしないのではないでしょうか。

今回は、男子に「恋愛に臆病な女子」だと認定されがちな女子の特徴に迫ります。

さっそくご紹介しましょう!

1:女子トークが得意

「女子とばっかりしゃべって盛り上がっている女子って、ときどき合コンにいますが、恋に臆病なのかなと思います」(25歳・IT)

大勢人がいるところって、どうしてもしゃべりやすい人どうしが集まって話すことになったりしますよね。

恋の上級者は、しゃべりやすい人とばかりとお話することなく、みずからハントに出かけている、という事実を思えば、納得の証言ではないでしょうか。

2:デートのとき無口

「彼女からデートに誘ってきて、デートのとき無口って、ありゃ、なんなんでしょうか? 恋が苦手で、恋に臆病なのでしょうか?」(28歳・編集)

デートのとき無口というのは、オトナになったら「ウブでかわいい女子」なんて、誰も思ってくれないでしょう。

ただの無神経で気の利かない女子でしょう。しゃべれないのならデートに誘うなとまでは言いませんが(書いてしまいましたが)、無神経にもほどがあります。

3:いつもうつむき加減でデートしている

「デートのとき、いつもうつむき加減でいるわりに、また次のデートに誘ってくる女子がいますが、ああいう女子って恋に臆病なんでしょうか」(27歳・通信)

これも上に同じです。

デートのときうつむくのは、そのデートがつまらない、という意思表示であり、であれば、さっさと帰ったほうがお互いのためです。人生は死に向かって歩いている旅の途中ですから、お互いに時間がもったいない。

4:男に対する憧れが強すぎる

「男の人ってこういうときどうするんですか~? とか、男の人ってこういうときどう思うんですか~? というような質問をしてくる女子って、恋に臆病なのでしょう」(30歳・建築)

研究熱心と臆病というのは、表裏一体なのかもしれませんが、まぁ、上の2つの証言に比べたら、まだかわいい話です。

今回のまとめ

いかがでしたか?

奥手女子とか、恋に臆病な女子という言い方を、ネット上でよく見ます。

本当にウブでピュアないい女子もいると思います。

でも、なかには、他者の気持ちに鈍感でデリカシーがない女子が、みずからのことを「恋に臆病」と言っているケースもあり、なかなかどうして困ったものです。

こういうことは、学校時代にたくさん遊んできた人のほうが圧倒的に有利です。

みんなで集まって黙々とゲームをするという遊びではなく、だんごになって遊ぶことによって、人は他者の気持ちに敏感になります。つまらないただの優等生ではなく、本当に思いやりのあるいい子になります。

というようなことって、学校の先生とかから聞いたこと、ありませんか?

いろんな人と「遊んで」、もっと人間力を磨くと、自然と恋に臆病ではなくなってくるでしょう。


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…