魅力的なバストの条件は「大きさ」よりも「高さ」!?

バストの話題になると、「大きさ」がメインテーマになりがちです。確かに、豊満なバストは、女性性をアピールするうえで武器になります。ですが筆者は思うのです。

大きさも大事かもしれないけれども、もっと大事なのは「高さ」なのではないか、と。

魅力的なバストの条件は「大きさ」よりも「高さ」!?

画像:(c)tverdohlib – Fotolia.com

■殿方は皆、巨乳が好き…とは限らない! 
バストの「高さ」の重要性を語る前に、はっきりさせておきたい案件がございます。男性は、私たち女性が思っているほど、「大きさ至上主義」ではないということ。

バストの膨らみは、男性の身体にはない、女性特有の身体的特徴です。よって、男性にとっては、その膨らみが大きかろうと小さかろうと、性的魅力であることに変わりはないのです。

そう考えると、バストが小さいからといって、引け目を感じる必要はゼロ。小さくとも、魅力的なバストであれば、充分に喜ばれるでしょう。

■お風呂に入る時間以外は、基本ブラジャー着用
いよいよ本題です。「魅力的なバスト」と書きましたが、高さのあるバストこそ、魅力的であると筆者は考えます。逆に、どれだけ大きなバストでも、位置が低く垂れ下がっているようでは、魅力的とは言えません。

それでは、小さくても魅力的なバストをゲットする方法をご紹介しましょう。まずは、比較的カンタンなところから…。「ワイヤー入りブラジャーを着ける」、ここから始めましょう。

バストの位置が高い女性たちに話を聞くと、みな一様にワイヤー入りブラジャーを着けているようです。カップつきキャミソールやノンワイヤーブラジャーには頼らないようにしているとのこと。

カップ付きキャミソールやノンワイヤーブラジャーは確かにラクチンです。肩コリも軽減されます。が、しかし! ワイヤーがないぶんホールド感が甘いです。バストの高さをキープするには、ほどよい締め付け感のあるワイヤー入りブラジャーがオススメ。

昼間はワイヤー入りブラジャーを、そして就寝時はナイトブラを着用しましょう。

要するに、お風呂に入っている時間以外は、24時間ブラジャーを着けているのがベスト! 帰宅してソッコーでブラジャーを外すだなんて、とんでもない! 

最初のうちは違和感があるかもしれませんが、慣れてくると、ノーブラ状態のほうがむしろ落ち着かなくなりますよ。
 
 

■スマホを弄る時間を減らす
バストの位置が高い女性たちを見ていると、とある共通点があることに気づきます。皆さん、すごく姿勢が良いんですよね。バレリーナのように、背筋がピンと伸びているんです。というわけで、バレエを習いに行きましょう…だと、ハードルが高すぎますよね。

バレエ教室に通わずとも、姿勢を正すことは可能です。スマホを弄る時間をほんのちょっとだけ減らしましょう。たとえば通勤時の電車内ではスマホ弄りをガマンする、など。

スマホは、夢中になり過ぎると、どうしても猫背になってしまいます。最近では、「スマホ猫背」という造語もあるのだとか。

猫背は、垂れ乳の元です。姿勢を正しましょう…と、精神論で語っても、常に姿勢を意識し続けるのは難しいです。ここは、精神論ではなく、具体策で! スマホを弄る時間を減らすことで、猫背気味になってしまう時間も減りますよ。

■腕立て伏せを日課に
腕立て伏せの習慣もつけましょう。腕立て伏せは、大胸筋の刺激に繋がります。大胸筋は、バストを支える「土台」のような存在です。腕立て伏せで大胸筋を鍛えるのは、バストの高さに好影響を及ぼします。

日課のストレッチ体操で、腹筋運動をやっている女性は多いですが、腕立て伏せをやっている女性って少ないように見受けられます。確かに、腕立て伏せって男性的なイメージです。だからこそ良いと筆者は考えます。

腕立て伏せをしていると、「正常位のときの男性って、こんなカンジなのかしら」と思ってしまうのは、筆者だけでしょうか。

その発想から、「男性はセックスに、かなりの運動量で臨んでいるのだ!」と、感謝の念が生まれます。腕立て伏せで、バストだけでなく、セックスに対する意識も変わる…一石二鳥とは、まさにこのこと!

バストの位置が高いと、セックス時だけでなく、服を着ているときの女性的魅力も増します。上向きのバストで、モテ運も上向きになること間違いなしですよ。
 
 
(菊池 美佳子)

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…