男性が明かす!「ネット恋愛」で相手を好きになる瞬間4つ

今ドキ男女の“新常識”になりつつあるネット恋愛。SNSで出会った相手と交際、結婚するカップルが、増えているといいます。

「でも、実際に顔の見えない相手だし、ちょっと不安…」
「オトコって何を基準に“恋愛対象”にするかイマイチよく分からないし」

そこで『gooランキング』の「インターネットで恋に落ちる瞬間ランキング(男性編)」をチェックしてみたところ、男性は「考え方に共感が持てる」「実写プロフィール画像がかわいい、美人」「趣味が似ている」「落ち込んでいるときにやさしいコメントをくれる」女性に、ココロが揺らぎやすいことが明らかに…!

ネット恋愛経験のある男性たちに「SNSでドキッとしたフレーズ」を大暴露してもらいましたよ。

ネット恋愛ドキッとフレーズ1:「もっと詳しく聞かせて」

「超ディープな趣味のネタをアップしたとき、『それどこにあるの?』『もっと詳しく教えて』っコメントもらって、『この子とは気が合うかも』って思ったね。だって普通なら何それ…って呆れられるような内容だったからさ」(26歳・メーカー)

相手の顔が見えないSNSにおいて、男性がもっとも重視すうのは「気が合うかどうか」なんだとか。もちろん現実社会で超ディープな趣味の話ができる相手と巡り合えるのがベストですが、なかなかうまくいきませんよね。

男性も好きなことに「いいね!」「もっと教えて」と共感してもらえるパートナーを探しています。興味のあることがあったら、積極的にコメントしてみてはいかがですか?

男性が明かす!「ネット恋愛」で相手を好きになる瞬間4つ

ネット恋愛ドキッとフレーズ2:「こんなこと言えるの、○○くんだけだよ」

「『こんなに深い話できるの、○○くんだけだよ。言葉で表現するのがもったいないくらい嬉しすぎる』ってコメントは、何度も読み直したね。こっそりスクリーンショットしちゃったくらい嬉しかった。実はこのやりとりをした女の子とデートを重ねて、半年後には恋人関係に…。今は結婚を視野に入れて真剣交際中です」(28歳・金融)

気になる異性から“特別扱い”されると、好きの気持ちが急加速する傾向がありますよね。実はコレ、男性もまったく同じ! 「○○くんだけ」「こんなの初めて」と言われると、もっと相手に尽くしたくなってしまうんだとか。

先ほどご紹介した「もっと詳しく聞かせて!」のコメントと合わせて、「こんなディープな話ができるの、○○くんしかいないよ」と伝えれば、男性の心を鷲掴みすることができるかもしれませんね。

ネット恋愛ドキッとフレーズ3:「大丈夫?」「無理しないでね」

「SNSに『久しぶりに風邪でダウン中』って投稿したら、本気で心配してくれる女性がいて胸がときめいたね。もちろんネット上だから何ができるってワケじゃないんだけど、その優しさが弱っている俺には最高の薬になった」(28歳・建築)

よくある話…ではありますが、やっぱり男性は弱っているときに「大丈夫?」「無理しないでね」と心配されると、大きく気持ちが傾くといいます。

もっとふたりの距離を縮めたいときは、「何か差し入れるモノがあったら言ってね」「ちゃんと温かいご飯食べてる?」とダイレクトメッセージを送るのもアリかもしれませんね。ただし、すぐに行ける距離に住んでいる場合に限りますが……。

男性が明かす!「ネット恋愛」で相手を好きになる瞬間4つ

ネット恋愛ドキッとフレーズ4:「私も○○したいな~」「今度連れて行ってよ」

「オシャレな創作料理の写真をアップしたら、ちょっと気になっていた女性から『どこのお店?』『今度連れて行ってよ~』のコメント。ずっとアプローチできずにいたけど、“脈ありサイン”だと思って食事に誘ったことがある」(27歳・広告)

自分から積極的にアプローチするのは恥ずかしいけれど、そろそろデートしてみたい。そんな男性からのお誘い待ちの女性にぴったりなのが、「私も○○したいな」「今度連れてってよ」とちょっぴり甘え口調のコメント。

男性は思わぬ“脈ありサイン”に胸を高鳴らせながら、あなたに直接会う約束を取りつけてくるはずですよ。

出会いはネット恋愛でも結婚するカップルがいる事実!

まだまだマイナスイメージの強いネット恋愛ですが、顔やルックスで判断できない分、結婚まで結びつく真剣交際をするカップルが多いのも事実です。

あなたも男性をドキッとさせるフレーズを使って、本当に気の合う男性のハートを射止めてみてはいかがですか?

 

(参考元)
・インターネットで恋に落ちる瞬間ランキング(男性編) – gooランキング
(取材協力)
・ネット恋愛経験のある20~30代独身男性

mookの他の記事を読む


この記事どうだった?

20いいね!

9うーん…