アラサーになると合コンが減るのはなぜ?

貯金のように、歳を重ねることで増えていくものもありますが、一方で減っていくものもあります。合コンの誘いです。20代前半の頃は、あんなにも頻繁だった合コンへの誘いが、アラサーと呼ばれる年齢に入った途端に激減! アラサーお悩みあるあるです。

合コンへのお誘いが減った理由は何?

合コンという、貴重な出会いの場が激減した際の対処法を考える前に! まず、合コン激減の理由を考えましょう。

最大の理由は、「周囲の女友達が落ち着き始める」、このひと言に尽きます。20代前半の頃は、オトコ遊びがお盛んだった合コンクイーンキャラの女友達も、遊び尽くしたのか、ステディーなパートナーを持ち始めます。男性側も然り。ヤリチンキャラ期を経て、「ちゃんとしたカノジョ」を作るようになります。……はい、同年代は「彼氏持ち」「カノジョ持ち」ばかりです。そりゃ、合コンの数が減るのも無理はないでしょう。

可愛げのない態度はご法度!

補足ですが、合コン激減の理由が、周囲の影響ではなく、自分自身にあるケースも。せっかく招かれた合コンで、可愛げのない態度ばかりとっていると、そりゃ声もかからなくなります。ええ、わかっていますとも! 可愛げのない態度をとってしまうのは、あまりにも悲惨なハズレ合コンだったからですよね。

いや、ちょっとお待ちください。「あまりにも悲惨なハズレ合コン」の定義を見直す必要があるのかも……。そりゃ、男性参加者が皆ニートで、1円単位まできっちりワリカンだったら、それはまさに「あまりにも悲惨なハズレ合コン」です。ですが、「ぐいぐいリードしてくれる肉食系男性不在の、草食合コンだった」程度で、ハズレ認定を下すのは、目線が厳しすぎるかも。ハードルを下げましょう。

年下女性メインの合コンへ参戦すべし!

いよいよ本題です。合コンが激減した際の対処法……筆者の経験上、自分よりも年下世代の合コンに参戦するのが手っ取り早いです。

まずは、年下女性と仲良くなることから始めましょう。「若いピチピチギャルと同じ土俵で勝負してもBBA扱いを受けるだけ……」だなんて、とんでもない! 時代は空前の歳の差カップルブームです。干支ひと回りくらい、どってことないと、思考を切り替えましょう。

合コン以外の出会い方を模索すべし!

ピチピチギャルと同じ土俵で勝負するのはどうにもこうにも気が引けるという女性には、合コンで出会おうとしないという選択肢がオススメです。

そもそも、これまで散々合コンに参加してきて、結果が出せていない(いま現在、彼氏がいない)ということは、あなたが出会いを得るツールとして、合コンは不向きなのかもしれません。合コンは卒業し、ほかの出会い方に目を向けるのもアリ。

1対1の紹介なら、彼氏持ちの女友達にも頼めます。「あなたの彼氏の男友達を紹介して」と依頼し、4人で飲めば良いのです。1対1といえば、いま流行りのマッチングアプリを利用するのもアリでしょう。ガチンコの1対1になります。複数名で集う合コンとは真逆の出会い方こそ、あなたに合ったツールの可能性も。

 

最後に、先日39歳の誕生日を迎えた筆者より、僭越ながらアドバイスを……。歳を重ねると共に、合コンが減るのは事実です。が、ゼロになるわけではありません。たまにはあります。その、「たまに」の機会を、最大限に活かせればノープロブレムですよ。

 

Photo by child is a rebel.


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…