恋の主導権を握れる女性の特徴3つ

誰でも、好きな彼には「ずっと一緒にいたい」と思ってもらいたいもの。5,200件を超える恋愛・結婚相談を受けていると、彼氏持ちの女性は、大きく分けて2パターンになると思います。
(1)彼から「ずっと一緒にいたい」と思われる女性
(2)彼から「この女性は、恋人どまりだな」と思われる女性

結婚願望があるにしても、ないにしても“男心”を掴んで「ずっと一緒にいたい」と思われたいですよね。

そこで今回は恋愛コンサルタントの筆者が、恋の主導権を握れる女性が“していない”ことを 、“会話” “行動” “思考”に分けてご紹介します。

恋の主導権を握れる女性が"していない"会話編

●彼にダメ出しをしない
ダメ出しは、大きなことから小さなことも含まれます。女性が何気なく言っているダメ出しでも、かなりの確率で、男性の恋愛感情を下げさせるんです。
付き合いはじめであれば、デートの場所、ものの考え方くらいでしょうか。でも、このくらいは、ほんの序の口。長く付き合い一緒に暮らすようになると、家事のやり方、寝るタイミングなど、あなたと彼では全く違うことがあるかもしれません。
というか、違うのが当たり前といってもいいでしょう。
そんな時に「あなたは間違っているけど、私は正しい!」というニュアンスを含んだ言い方は、極力しないこと。「何でそういうやり方なの!? 」という言い方が一番危険です。

あなたにとってNGなことも、彼にとってはOKかもしれません。否定する前に「この人は、なぜこういうことをするんだろう?」と、相手を”理解するゲーム”だと思って、理由を探してみましょう。思わぬところで、相手の姿がわかって、付き合いが面白くなってきますよ!

もちろん、どうしてもあなたにとってNGなら「私は、○○はNGなんだけど……」と、あくまで”私はこう思う”の言い方で伝えてみてくださいね。そうすれば、案外彼は普通に言うことを聞いてくれることが多いものです。

恋の主導権を握れる女性が"していない"行動編

●彼が”してくれた”ことを喜ばない、気づかない
「最近、彼から何かしてもらいましたか?」こういう質問をすると、彼とうまくいっている人ほど「これとあれをしてもらいました!」と、答えてくれることが多いです。

しかも“これとあれ”というのは些細なことがほとんどで、彼女の好きなスイーツを買っておいてくれたことや彼女のリクエストに応えて、会う時間を作ってくれたなど。

オトコが離れられない女性のほとんどは“彼の小さな行動に気づいて、感謝する”ということを自然な形で行っていることが多いです。男性の方が単純ですから、感謝されることで、もっと何かしてあげようという気持ちになるんですね。

恋の主導権を握れる女性が"していない"思考編

●出来事に対して、ネガティブになるのはNG
付き合っていれば、いろいろなことが突然起こります。ずっとあなたの思う通りの頻度で会ったり、連絡を取り合うことができるのがベストですが、彼が仕事その他でトラブルを抱えたりして、そこまでできない時期もくるかもしれません。

彼から愛される女性は「これは、2人の愛を試す試練だね(笑)」など、とにかくお気楽なので、相手にプレッシャ―を与えません。今までと違うスタイルになることに、彼だって申し訳なさを感じているかもしれませんが、あなたが“ポジティブに振る舞う”と、もっと会いたくなってしまうのです。

 

おわりに

ここまで読んだ方はお気づきかもしれませんが……「私は正しく、あなたは間違っている!という考え方を減らしていければ、この3つの考え方はしなくてすむもの。

彼のしてくれたことに感謝し、その時、その時で柔軟に対応することを心がけると、“カレが離れられないオンナ”に近づけますよ!

 

Photo by ~ I P O X s t u d i o s ~