デート中の彼の行動でわかる相性診断

デートをしている時の彼の何気ない行動には、あなたに対する思いの深さやこれまでの恋愛傾向が表れているものです。そんな彼の行動から、あなたとの相性を分析したいと思います。まずは、デートの時の彼の様子を思い出しながら、以下の質問に答えてみてください。

■まずは、デート中の彼の行動をチェック!
以下の質問に対し、最も近い答えの記号をメモしておいてください。

□質問1
彼とのデート中、歩く時は、

A.常に手をつないだり、腕を組んだりしている。
B.手をつないだりはせず、並んで歩くか、あなたが彼の後ろを付いて歩くことが多い。
C.手をつないだりせず、並んで歩くか、彼があなたの後ろを付いて歩くことが多い。

□質問2
レストランやショップに入る時は、

A.彼がドアを開けてあなたを先に通してくれるか、自分が先に入ってあなたのためにドアを押さえてくれることが多い。
B.あなたが自分でドアを開けるか、彼がドアを開けて先に入っても、ドアを押さえていてくれないことが多い。
C.ドアを開けるのも先に入るのも、その都度違う。

□質問3
レストランで2人掛けのテーブルへ案内されました。1つの席はソファ、1つの席は椅子です。彼は、

A.ソファの席をあなたに譲ってくれる。
B.自らソファの席に座り、あなたは椅子に座ることが多い。
C.特に意識することなく、その都度違う。

□質問4
レストランでオーダーをする時、

A.あなたのオーダーも彼のオーダーも、彼が店員を呼んでくれる。
B.あなたのオーダーも彼のオーダーも、あなたが店員を呼ぶ。
C.オーダーをするほうが、各自自分で店員を呼ぶ。

□質問5
デート中に買い物をする時、

A.あなたが買い物をする時、彼は一緒に見て回り、意見を言ってくれる。
B.あなたの買い物に彼を付き合わせるより、彼の買い物にあなたが付き合うことのほうが多い。
C.一緒に買い物をする時は、待ち合わせ時間を決めて別行動をすることが多い。

□質問6
デートを終えて帰る時間は、

A.あなたが決めることが多い。
B.彼が決めることが多い。
C.前もって2人で決めておくことが多い。

□質問7
別れ際、

A.彼はあなたを送ってくれたり、送れない時は「気をつけてね」などとよく言う。
B.彼はよく「じゃあ、またな」と、あっさりとした別れ方をする。
C.「帰ったら電話して」あるいは「また電話するよ」など、どちらからともなく言い合う。

いかがでしたでしょうか。3つ以上選んだ記号が、彼のタイプです。A、B、Cのうち、3つ選んだ記号が2種類あった方は、1つだけ違う記号を選んだ質問で、同じ数になってしまった記号の答えのうち、「どちらかと言えばどちらが近いか」で判断してみてください。

上記で診断したA・B・Cの彼のタイプ別に、恋愛傾向と相性を診断いたします。

■デート中の彼の行動でわかる相性
□Aタイプの彼
Aの答えが一番多かったあなたの彼は、優しく、あなたのわがままも受け止めてくれる、大らかなタイプです。あなたは彼から大切にされていますし、彼はあなたを守ろう、という意識が強いタイプの男性なのではないでしょうか。

こうした男性は束縛も強く、ヤキモチ妬きである可能性も高いと言えます。あなたが社交的で交流関係が広い女性の場合は、ちょっとした不安要素があるかもしれません。相性が良いのは、どちらかと言えば世間知らずな、天然タイプの朗らかな女性です。

しかし、質問2~4でAに当てはまる彼の場合は、どんな女性にも優しいフェミニストである可能性も大。ひょっとしたら、あなただけが特別ではないのかもしれません。

□Bタイプの彼
Bの答えが一番多かったあなたの彼は、プライドが高く“俺様”気取りなタイプ。女性のほうから告白をしたというカップルも多いのではないでしょうか。特別女性に優しくすることを意識しなくても、女性にモテてきたタイプの男性にもよく見られる傾向です。

あるいは、恋愛をあまり重視せず、自己中心的で淡白な男性の可能性も考えられます。なかには、女性との交際経験が少ないという人も、多いかもしれません。

こうした男性と相性が良いのは、彼に惚れ込んで尽くすタイプの女性。あるいは、恋愛によって感情の起伏や生活リズムを左右されない、ライトに恋愛を楽しめる女性です。寂しがり屋で甘えん坊な女性は、このタイプの男性には満たされないことが多いため、相性が悪いと言えるでしょう。

□Cタイプの彼
Cの答えが一番多かったあなたの彼は、ジェンダーフリーな意識が強いタイプです。男はこうするべき、女はこうするべきといった概念に縛られず、対等な関係を好む傾向があります。しかし、場合によっては交際期間が長く馴れ合ってしまったカップルにもよく見られる行動であるため、あなたに対する関心が薄い危険性もあるでしょう。

こうした男性と相性がいいのは、相手を信頼し、つかず離れずでほどほどに付き合っていける女性です。いつも一緒にいたがるベタベタタイプの女性や、男性に思われ、追いかけられることに喜びを感じる女性は相性が悪いはず。

しかし、あまりにも安定しすぎて変化のない付き合いを続けていると、あなたにも彼にも魔が差す危険性が高まります。時には、サプライズ的なデートで刺激を与えたり、適度に彼に干渉するなど、彼に対する気持ちをアピールしておくといいかもしれません。

【恋愛ガイド:工藤 祐子】


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…