アラサー男性たちが恋人候補の女性に密かに望んでいること

アラサー女性たちが恋人をつくるとき、いろんなことを考えるかと思います。
年齢的にも結婚を意識するので、職業や経済力という現実的な問題についていも考えると思うし、人間性的な相性についても考えると思います。それは、一過性の相手ではなく、一生の相手であると意識するからこそ。

ではアラサー男性たちが恋人をつくるとき、どんなことを考えているのでしょうか? そこで今回は、「アラサー男性たちが恋人候補の女性に密かに望んでいること」について考えてみました。男性たちはどういうところを意識しているのでしょうか。

いつも自然体でいられる関係

まず、何年経っても仲の良いカップルを見てみましょう。彼らはまさに恋愛が成功したパターンですよね。
そんなカップル(男性側)に、「恋愛関係が長続きする秘訣は? 」と聞いたところ、「いつも自然体でいられることなんじゃないかな」という答えが返ってきました。

しかし、そもそも自分の自然体ってどんな風だろう……?

それは、一人で家にいる時だったり、嫌われないようにとか、気に入られるためにとか、そういうことを考えずに行動できている時だったりするのかなと思いました。
あるがままの自然体な自分でいられる。もしそうなれたら自分自身もとても楽だし、また、相手もそうであってくれたらうれしいですよね。一緒にいるのに空気みたいになれる関係それって素敵です。

手がかかる女性にならないように

つきあう前の段階の男女は、無意識に「この人とつきあったら自然体でいられるのか」についてをジャッジする瞬間があると思います。男性側からしてみたら例えば、「お金がかかる女性なのかどうか」というジャッジだったり、「束縛が厳しい女性なのかどうか」というジャッジ。

好きでいてもらうための努力はある程度は必要だと思いますが、過度すぎると「つきあえない」という最終判断に向かってしまいます。

特にアラサー男性たちは、「がんばって手に入る女性」よりも「がんばっている自分を癒してくれる女性」を好きになる傾向がありますからね。かっこをつけたり、見栄をはるのもそれがずっと続くと疲れるわけです。自然体でいたいわけですね、好きな女性の前では。

好きな男性に、「手がかかりそう」と思われないように気をつけましょう。

相手に合わせられる

同性から見ても異性から見ても素敵だなと思われるアラサー女性の共通点は、「合わせられる」という点です。
「自分のすべてを分かってもらいたい!! 」とアピールしてもかわいいのは、きっと20代まで。30歳を越えてそれをやってしまうと、自己アピールの強い人だと思われてしまいます。今までいろんな経験をしてきたんだろうけれど、それを無理に分かってもらおうとしない。また、意見の衝突が起こったとしても「そうだよね」と相手に合わせられる女性。筆者の周りにもたくさんいますが、そういう人を見ると素敵だなと憧れます。

しっかり自分を持っていること。でも、自分をアピールしすぎず、相手に合わせることもできる人。そう。そうなれたらいいなといつも思います(笑)

今回のまとめ

男性たちが考えることは、経済力などの現実的な部分ではなく、精神面でどれだけリラックスできる相手であるか?? という点なのかなと感じました。

リラックスできるということは、お互いが自然体でいられるということ。そして、しっかりとした中身をもちつつも相手に合わせることができるということ。意見をもたないyesと、持っているけれど言うyesはまったく種類が違いますからね。

肝心なのは、相手を尊重するということなのかも。自分がそういうスタンスであるということはアピールできます。会話の中でもしっかり演出してみてください。
それでは皆様!

Let’s enjoy romance!!

(ライター:京田未歩)

Pgoto by needoptic


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…