ここにもチャンスが!? 結婚式2次会は○○係が狙い目!

同僚の結婚式、ただでさえ仕事が忙しい恋学女子に、降ってくる「幹事お願いできないかな」のご連絡。でも実はこれ、出会いの宝庫に飛び込むチャンスなんです。

参加者の4割が「出会いを意識して出席」するのが結婚式2次会

アニヴェルセル株式会社の調査によれば、参加者の48%が異性との出会いを意識して出席しているというのです。これは、是非とも大多数の参加男性とお話してみたいところ!

とはいえ、そんな多くの男性に自分から声をかけるなんて気がひけます。

でも、ほぼ全参加男性に気楽に声をかけられる係があるのです!

幹事には、「司会」「音響」「受付」「タイムキーパー」などの当日仕事が割り振られますが、率先して引きうけて欲しいのが「写真係」です。

まずは全員を見定められる「入口のチェキ係」

「こちらでお写真撮りますねー。どんなポーズで撮ります?はい、チーズ。
これにメッセージを書いて、ボックスに入れてください。あとでクイズの時に使いますので!」

この最初のやり取りだけで、「ちょっと気になる彼」は見つけられますね。

その後のお仕事はパーティー途中の「プレゼント係」

クイズなどをおこなう時に「28番の方、おめでとうございまーす! プレゼントお持ちしますー」と司会が促した時に渡しに行く係なども一緒に引き受けると、会場内をちょこまか動くので、声をかけられるチャンスは増えます。実際に友人はこのタイミングで声をかけられ、今の彼と出会いました。

お料理からちょっと遠い席にいる素敵な男性を見かけたら

普段なら勇気が出ないイケメンにも近づけるのが幹事特権!「お料理足りてますか?持ってきましょうか。ケーキも出てるので甘いのお好きなら」と声をかけてみて。一目で幹事だとわかるように、幹事全員でお揃いのお花を髪に刺すなどすると効果的。これなら幹事腕章になって勇気が湧いてくるでしょ?

番外編は「フラッシュモブ」

結婚パーティーで突然のフラッシュモブ!最後は新郎もダンスに参加して、新婦びっくり!という演出が、私が司会をするパーティーでも増えてきました。この練習に参加すると「同じ目的を持った友人」ができます。もちろんダンサーではないので下手でいいんです。帰り道に「こうだっけ?」「右足からじゃなかった?」なんて話をするのは楽しいですよ。自分磨きで人気のサルサやベリーダンスの教室よりもずっと充実した出会いになるかもしれません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幹事同士の出会いが一番濃厚!

頑張った結婚式ほど「今度幹事メンバーでお疲れ様会やろうね」と声をかけられます。たとえ既婚者ばかりの幹事メンバーでもお疲れさま会で「最近全然出会いがなくてー」なんて吐露すれば「うちの後輩と合コンしてみる?」なんて声をかけてくれるかも。今後の自然な出会いが期待できます。

忘れてはいけないこと

あくまでも主役は新郎新婦!彼らをお祝いする真摯な気持ちを忘れずに。常に彼らの動きを最優先した上で、上記のことを心がけてみてくださいね。

 

photo by Suus Wansink/tanakawho


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…