新しい出会いの前に、サヨナラした方がいい人間関係3つ

春といえば、何となく新しいことをしたくなる時期ですよね? 環境が変わる方は、特に新しい出会い恋愛に期待してしまうかもしれません。

だけど、ちょっと待って! 新しい出会いに期待するのと同じくらい“悪い人間関係を断ち切ること”もとても大切です。もちろん、環境が変わらない方でも、悪い人間関係は断ち切るべきです。

そこで今回は、5,200件の恋愛相談を行ってきた筆者が、新しい出会いがあるのに幸せになれない女性が経ち切れていない人間関係をご紹介します。

新しい出会いの前

1:結婚できない相手

女性のあなたが何らかの理由で結婚したくない状態で、彼は結婚したいほどあなたが好きというなら構いません。しかし、その逆が問題なのです。

あなたは結婚したいくらい彼が好きだけれど、彼はそうでもない……というパターンですね。彼が独身だろうと既婚だろうと、将来がなさそうな恋愛は女性の神経をすり減らすことが多いのです。なぜなら、心のどこかで男性は自分に全てをささげているわけではないということに気づいて辛くなってしまうから。

こういう男性への気持ちが心の中に棲んでいると、新しい出会いがあっても積極的になれないことが多くなってしまうのです。

2:健全ではない親子関係

「結婚しろ」とうるさい、「あなたを育てるのに苦労したのに」と親孝行を強制するなど形はさまざまですが、あなたが親と一緒にいて“なんとなく否定されているような気持ちになること”が多いとしたら、一度距離を置いてみましょう。

親からのサインは、自分が思っている以上にあなたの恋愛観を形作っているもの。一緒にいて何となく辛い場合は、距離を置くための努力をする方がマシなのです。

3:「恋人がいない同盟」を作るような友人関係

真の友情とは、あなたに恋人ができたら手放しに応援してくれるもの。
また、あなたが間違った方向に行っていたとしても、アドバイスはするものの基本的にあなたの決断を尊重してくれることが多いもの。

よくある友人関係で「いい男って全然いないよね」と、共感するだけで終わってしまうことあります。このような関係性だと、誰かに恋人ができるとその男性に対してあれこれ文句を言ったり、恋人ができると何となく気まずい雰囲気になったりする場合があります。

おわりに

今回挙げた3パターンは、あくまでも“あなたが辛いと感じるなら”断捨離した方がいい人間関係です。特に辛いと感じない場合は、無理に断捨離する必要はないかもしれません。

あなた自身にこう問いかけてみてください。「この人たちと長い時間を共にして、心から幸せと言えますか?」と。

(恋学・ライター/橘つぐみ)

Photo by Muffet

橘 つぐみの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…