するならシャワーを浴びてからにしたい! 彼を萎えさせずにお願いする方法

たとえば……車の中でしたキスが思いのほか盛り上がって、とか。付き合って間もない頃に、彼がどうしても待ちきれなくて、とか。

服を着たままエッチに突入することって、結構あると思います。また、全裸じゃないシチュエーションに萌える男性も少なくないでしょう。服を着ているからこそエロティックだとムラムラする性癖もあるようです。

けれど、「シャワーも浴びずにするのは、ちょっと……」と気になりません?

冬や秋はいいけど、何もしなくても肌が汗ばむ夏なんかは特に、するならシャワーを浴びてからにしたいと思っちゃいますよね。

ただ、今すぐにでも始めたがっている彼を制止して、その気が萎えるのも良くないし。何かうまいアピール法があれば、女性としてはありがたい! なんじゃないでしょうか?

今回は、服を着たままコトに及ぼうとする彼を萎えさせずに、シャワーを浴びる方法を考えてみたいと思います。

おフロでいいコトしよ?

「今からヤルぞ!」と勢いづいている男性に対して、「待って」「イヤ」という単語は、セックスを拒否しているかのようなアピールになりますので、やめた方が良いでしょう。「ちょっと待って。シャワー浴びたい」と、言葉が続くとしても勢いを削がれることは間違いなく、彼はガッカリしてしまいます。

ですので、男性のやる気を萎えさせずにシャワーを浴びるためには、浴室にいいコトが待っていると教えてあげることが効果的です。

「今ここでしてもいいんだけど、おフロに行けばもっといいコトがあるよ」というニュアンスでしょうか。

この時、女性に浴室で彼をメロメロにさせる必殺技がなくても構いません。また、本職の風俗嬢でない限り、お風呂場でとんでもなくすごいことができちゃう女性も珍しいと思います。

目的はあくまでシャワーを浴びることですから、気負わず誘ってみましょう。

ただ、いざ服を脱いで浴室に入ったら、いつもよりサービスしてあげると良いかもしれません。普段より丁寧に彼の身体を洗ってあげるだけでも良いと思いますよ。

ベッドでゆっくりしよ?

車の中やソファなど、寝室以外の場所で彼に押し倒されそうになった時、効果的な言葉です。「ここで中途半端にさっさと終わらせるよりは、ベッドでもっとじっくり愛し合いたい」というニュアンスで伝えてみましょう。服を着たままエッチするというのは、焦っている感じがしますし、とりあえず入れて終わるといった雰囲気も感じられます。

ですので、寝室でゆっくり丁寧に自分を愛してほしいとアピールすれば、彼も納得してくれるはずです。

そして、彼が離れた隙にササッと浴室へ入れば、違和感なく身体を洗えます。彼にもシャワーを浴びてほしい場合は、「一緒に入ろ」と言ってみては?

「ちょっと待って。こんなところで適当にセックスするのはイヤ!」とバッサリ斬るより、彼のやる気を萎えさせずに済むでしょう。

シャワー浴びたい

変に取り繕わず、ストレートに言うのもアリかもしれません。特に、付き合いの長い彼氏に対しては、正直に言ってもさほどやる気が萎えることはないでしょう。むしろ、「身体を洗ってから、ちゃんとしたい」というセックスへの意欲がうかがえますし、「とりあえず入れて終わる、のは私はイヤよ」という彼への愛情も感じられますので良いと思います。

ただ、言う時の声のトーンや言い方には注意しましょう。素っ気なく言い放ったり、文句を言っているかのような口調だったりすると、彼もやっぱりガッカリしてしまいます。

あくまでキチンとしたエッチをするための準備がしたいと、自分のやる気も伝えるニュアンスで言ってみると良さそうです。

written by 岡崎咲

Photo by. PHOMONA


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…