男性がドン引きしてしまう!婚活女子の特徴3つ!

そらです。結婚を目的とした出会いの場、合コン、婚活パーティー、異業種交流会などで、あなたは男性に対してどのような印象持ったことがありますか?
カッコいい、男らしい、頭が良さそうと好印象を持つこともあれば、反対に、怖そう、バカそう、ブサイクと悪い印象を感じたこともあるでしょう。
しかし、男性だって女性と同じようにさまざまな印象を持つわけです。
好印象に思ってもらえれば、恋愛に発展する可能性は当然高くなりますが、悪い印象を持たれてしまった場合、恋愛に発展するどころか、そもそも声すらかけてもらえないかもしれません。
その印象の中でも、男性が女性に対して、ドン引きしてしまう瞬間もあるわけです。
では、ドン引きしてしまう瞬間とはどのようなときなのか?男性目線で、検証してみましょう。

とにかく焦っている女子!

1つ目として、とにかく焦っている女子です。
年齢が高く、現実問題としてタイムリミットが近づいている。あるいは本人が結婚適齢期をすでに越えてしまっていると感じている。ここに意識が向きすぎた場合、どうしても焦りが出てしまいます。
これは、どうしても仕方ないことでもありますが、ガツガツした感じが表に出てしまうと、残念ながら男性はドン引きしてしまいます。結果、避けられてしまい、声すらかけてもらえない可能性が……。
ですから、目的は結婚かもしれませんが、まずは、お付き合いを目標にしておくことが大切です。
結婚ができないなら、時間の無駄と思われるかもしれませんが、結局声すらかけてもらえなかったら本末転倒ということです。

年収が高い相手を見つけることに必死女子!

相手の年収が気になる。これは、少なからず仕方がないことであり、必要なことだと思います。
現実的に結婚を目的とした出会いを求めているわけですから、今後の生活面を考慮して厳選していくことは大事なことです。
しかし、だからと言ってあまりにも年収を気にする気持ちを露骨に出し過ぎると、男性は間違いなくドン引きします。
そしてその光景を見ているまわりの男性もドン引きするという、ドン引き連鎖まで生んでしまうのです。
事前にプロフィールなどで相手の情報が分かる場合もありますので、面と向かって「年収は?」「職場での役職は?」「両親のお仕事は?」など聞くのは止めておきましょう。

あらさがし女子!

相手のあらさがしをして、欠点ばかりを口にする女性です。せっかく出会ったわけですから、相手の悪いところではなく、良いところを見てくれる女性を男性は好みます。
「あそこがダメ、ここが嫌い」とか、例え本人に聞こえないとしても、その姿を見ている男性は、間違いなくドン引きしてしまうでしょう。
結婚を考えた男女が集まっているわけですから、マイナスポイントにばかり目がいってしまう女性とは、今後のことなど考えられないに決まっています。相手の良いとことを見付けてあげ、お互いに楽しむことが重要です。

おわりに

今回は、男子が婚活女子にドン引いてしまう瞬間をお伝えしました。
婚活に真剣に向き合うことは大切なことですが、あまりにも必死になり過ぎてもボロが出てしまうもの。
将来のことを考えれば現実的に焦る気持ちもわかりますが、ちょっと余裕を持っている女性の方が上手く行くものです。
結局のところ、恋愛も、結婚も、楽しく歩めなければ意味がないことなのです。
ですから、パートナー選びは、喜びを共感できる相手を選ぶ、それが、自然な成り行きだと思います。

【参考文献】
「恋愛心理学から考える男性心理の掴み方」 榎本由香 ●●出版

Written by そら

Photo by LifeBefar


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…