やりすぎと押し付けは絶対NG!独身女性の『LINEのお作法』

皆さんはLINEをやっていますか?
やっていない人のほうがだいぶ少ない時代になりましたよね。
初期の頃と比べて、今やほとんどの人がLINEをインストールし、
友達とのやりとりや恋愛シーンで大いに活用しているようです。

私たち現代人の生活にすっかり溶け込んだLINEですが、まだ新しい文化なだけに、
人によって認識の違いがあるようにも見受けられます。
自分では普通の感覚で行なっていたことが、相手を困惑させていたり
不快感を与えていたりといったことを避けるためにも、LINEのお作法について
いま一度考えてみましょう。

■突然「おやすみ」と言われても……

「おはよう」「お疲れ」「おやすみ」などの単発の挨拶系は、正式交際とまで
いかなくても、二人の仲がそれなりに進展するまでは待ちましょう。
「それなりに進展」というのは、具体的に言うと「毎日のようにLINEをする仲」
ということです。
1週間に1~2回程度しかやりとりをしない相手から、突然「おやすみ」と送られて
きても、「急にどうした?」と困惑しますよね。
直前まで何らかのやりとりがあって、そこから「じゃあそろそろ寝るね、おやすみ」
ならOKですが、単発で送るのは控えましょう。

■スタンプオンリーは受け身な態度

文章のやりとりの中でスタンプを混ぜ込むのはOKですが、いきなりスタンプだけ
送りつけるのはNG。
ましてや意味がわかりづらいスタンプだと、相手は反応しづらいものです。
これまた、「毎日のようにLINEをする仲」なら構いませんが、1週間に1~2回程度しか
やりとりをしない男性に突然スタンプを送る行為は、能動的に見せかけておいて
実は受け身な態度。
「私からトスをあげたのだから、アタックは貴方が打ってよ」という態度は
如何なものでしょうか。
しかもそのトスがわかりづらいと、男性はアタックの打ちようがありませんからね。

■添付写真にご注意を

「ビーフシチューにブロッコリー入れてみたよー!」など、自分の手料理写真を
ドヤ顔で送りつけるのはNGです。
手料理って、そりゃ結婚を前提に考えるなら料理上手な女性が好まれますが、
交際初期段階だと場合によっては「料理上手アピール=重い」と敬遠されることも。
また、「ネイルサロンに行ってきたよー」などと言って指先の写真が送られてきても、
男性陣は返事に困ります。ましてや、指先を胸元に置いて、自分の顔が
写り込むような撮り方をするのもあざといです。
そういった女子力アピールよりも、街でみかけたヘンな看板やおもしろ動物など、
ユーモアを効かせた写真のほうがよっぽど好印象なはずですよ。

LINEって本当に便利なツールです。しかし、使い方を間違えると、
せっかくうまくいきそうな恋をダメにしてしまうことも。

上手に活用して、恋を成就させましょう。

(Text/菊池美佳子)

菊池美佳子の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…