男性から愛される!ちょっと得する「なぜか憎めない女性」になるレシピ

あなたの周りにも、なんだか憎めない女性っていませんか?たとえミスしても、仕事ができなくても愛されてしまうなぜか憎めない女性達。その才能、ちょっと羨ましくありませんか?

今回は、ミスをした時に憎めない女性になるレシピを紹介していきます!

手伝ってもらったら「ありがとう」

「ありがとう」と素直にいわれると、たとえミスした相手でも責める気にはなれませんよね。むしろ、好印象になります。

手伝ってもらったのなら「ありがとう」としっかり感謝の気持ちを伝えるか、「◯◯さんがいてくれて助かりました!」と誠意を伝えましょう!それだけで、なぜか相手を憎めないと感じるものです。

言い訳をしない

仕事でのミスで自分に非がない場合でも言い訳は禁物。言い訳を聞いている方は「反省していない」「見ていて情けない」「イライラする」などマイナスの印象しか感じません。どんな物事でも失敗は言い訳せずに謝りましょう!

言い訳をしない弱々しい姿を見せれば、自然と相手は「助けてあげたい」と思ってくれます。

手助けを断らない

自分がミスをしてしまうと、助けを断る方も少なくないでしょう。しかし、断ると印象は悪くなってしまいます。

少し遠慮しつつも「ありがとう」「助かります」と助けを受け入れた方が断然好印象なのです。「ひとりでできます!」「大丈夫ですから!」とかたくなに断るより、素直に受け入れた方が「憎めないな」と思わせることができます。

お礼のプレゼントを

手伝ってもらう、助けてもらったときに有効なのが、後々のお礼のプレゼントです。ちょっとしたお菓子やハンカチなどプレゼント感の強いものもありますが、コーヒーでも構いません。ただ、あめ玉やお菓子ひとつなど、小さすぎるプレゼントは逆に不快に思われるかもしれません。

「ありがとう」「ごめんなさい」をにすると、相手も「憎めないやつだな」とミスも許してくれるのです。

他の人の前で褒める

相手の良い面を他の人に伝えるのも効果的! 人伝いに聞いたプラスのエピソードは聞いた相手の心に深く印象つけます。

他の人から「この前◯◯ちゃん、助けてあげたんだって?」と同僚、上司から話題にされると助けた本人は気分がよくなります。同様に、助けてくれた本人が入る前で褒めるのも効果的ですよ!

まとめ

なぜか憎めない女性達は、いつもどこかでをしています。仕事場、対人関係はもちろん恋愛面もその効果は現れます。あなたもなぜか憎めない女性になって得をしてしまいましょう! もしも、ミスをしてしまったときは、ぜひ今回紹介した行動パターンを使って見てくださいね。

written by h103

photo by GATAG


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…