なぜ本命になれないの!?不幸すぎる「セカンド女」4つの特徴

「付き合う男性には必ず彼女がいる」「奥さんのいる人しか好きになれない」など、なぜか本命になれない セカンド女 たち。でも、その原因は自分自身の言動に隠されていたのです。そこで今回は、「 セカンド女 」の特徴についてまとめてみました。

◆セカンド女 は褒められるとすぐ調子に乗る

褒められると気分が良くなり、すぐ調子に乗ってしまう。そんな単純性格の女性は、男性から見ても扱いやすい存在。おだてれば簡単に心を開いてくれるので、楽に口説き落とすことができるのです。

また、このタイプの女性は褒められると相手の言うことを何でも聞いてしまいがち。それを利用し、本命の彼女には言えないわがままや願望を言ってくる男性もいるでしょう。軽く褒めるだけで自分の思い通りになる女性は、まさにセカンド女にもってこいのタイプです。

◆セカンド女 は自己主張できず我慢しがち

自己主張が苦手な女性は、相手から嫌われることを一番に恐れます。そのため、たまにしか会えなくても一切文句を言いません。男性にとっては、自分都合で関係を続けることができるお手軽な女性なのです。

また「本命の彼女と別れて」と面倒くさいことも言わないので、優しい言葉をかける必要もありません。会いたいときだけ呼び出して、あとは放っておくことだってできるでしょう。このように言いたいことを言えずに我慢してしまう女性も、男性からセカンド女にされやすい存在となるのです。

◆セカンド女 は見た目だけに気をつかう

セカンド女

本命の彼女には癒しや落ち着きを求める男性も多くいます。しかし、セカンドとなる女性にはそのようなことを望んではいません。

特に体だけの関係となる女性は、見た目さえきれいなら十分。顔やスタイルが自分好みであれば、中身などどうでも良いのです。見た目だけに気を使い、中身を磨く努力をしないのでは、いつまでたっても本命の女になることはできないでしょう。

◆セカンド女 はプライドが高く見栄っ張り

遊び人の男性にとって、本命に浮気がバレることは一番避けたい問題。そこで、プライドが高く見栄っ張りの女性をセカンドとして選びます。

プライドが高い女性は、自分から進んで「セカンド女です」なんて恥ずかしいことは公言しません。そのため、二人の関係が周囲にバレることもないのです。

自分にとってマイナスとなる話題は出さない。その口の堅さがセカンド女となる原因をつくっていたのです。

「二番手の女になる気はない」「間違っても不倫などしない」と絶対的な自信を持っている女性ほど、ちょっとした気の緩みからセカンド女になる可能性もあります。自分から幸せを手放してしまわないためにも、都合のいい女となる言動にはくれぐれも注意しましょう。