開催期間も残りあと2日!! グルメ&お得度がパワーアップ!今年の『ニホンバシ 桜バル』もお見逃しなく

IMG_20160407_170917

年度の始め、いろいろな企業の歓迎会でにぎわう日本橋へニホンバシ 桜バル2016の取材に行ってきました。折しも日本橋は桜が満開、「日本橋 桜フェスティバル」の一環で街中がライトアップされ、行き交う人の楽しそうな声が華やかな気分を盛り上げてくれます。

桜バル2 桜バル3

昨年も取材しましたが、昨年までの日本橋界隈から、今年は東京駅や八重洲・小舟町・茅場町まで広くエリアも拡大してさらにパワーアップ。「江戸桜通り」や「日本橋さくら通り」など日本橋の桜の名所を巡りながら、3枚つづりのチケットでグルメもショッピングも思う存分楽しめるイベントとなりました。

まずは、ふんわりアナゴのだし巻きを堪能

今年は、参加店舗も55店舗から約80店舗へと大幅に拡大。行きたいお店がたくさんありすぎて迷った挙句、一軒目は、アナゴをはじめとした魚介料理が楽しめる居酒屋「あなごや吉五郎」へ。ここでいただける街バルメニューは「アナゴのだし巻き卵」「アナゴのくりから焼き」

桜バル4

初日の20時前に到着したのですが、街バルメニューはすでに売り切れ寸前という人気ぶり。間に合った幸運に感謝しつつ、ありがたくいただきました。ほんのり甘いだし巻き卵は、ふんわりジューシーで、くりから焼きも香ばしくて、しっとり。なみなみと注いでもらった本日の日本酒が進む味でした。日本酒のお値段は680円〜なので、チケット一枚でこのフルメニューを味わえるのは、かなりお得だと思います。提供される日本酒の銘柄は日によって変わるそうなので、一度と言わず二度三度と通いたいところです。

魅力的な商品のなかからセレクトしたのは…?

次に向かったのは、一風変わったショッピングが楽しめるお店。「日本の食」をテーマに、料理を味わうだけでなく、学び、知ることのできる“文化情報発信型飲食店”「日本橋 室町 豊年萬福」では、店内に設置されている物販コーナー「豊年市場」から1,000円分の好きなものをセレクトできます。

桜バル5

発酵文化推進機構理事長・小泉武夫氏が厳選した発酵食品の数々や、古くから日本橋で和食文化を築いてきた老舗の商品が揃うとあって色々と目移りしつつ、新年度で「今年は料理を頑張ろう」と志を新たにしたばかりの私が選んだのは、みりんと醤油。選ぶ楽しみも桜バルならでは。「ふぐの子醸し漬け」といったレアな商品のほか、チョコやドリップコーヒーなど気軽に楽しめるものもあったので、ぜひ足を選んでみたいです。

人気店のお酒が進むバルメニュー

仕事終わりの友人と合流して3軒目に訪れたのは、コレド室町3の「鶏とちょこっと料理 ほっこりや」。昨年の桜バルでも大変な人気だったこちらのお店。気持ちの良い接客と、広々とした店内は開放感があり、人気店なのも納得です。こちらでは「いぶりがっこチーズ」、「おつまみ三種」、「串焼三種」からお好きなメニューを選べます。ドリンクとして選べるのは、「天狗舞」「八海山」「浦霞」など人気日本酒のぐいのみ、ハイボール、ソフトドリンク。…だったのですが、なんと今回の桜バルでは急遽、特別に生ビールも選べるようになったとのことで、さっそく生ビールをオーダー!

桜バル6 桜バル7

桜バル期間、日によってバルメニューは替わるそうですが、その日のおつまみ三種は、いぶりがっこにうずらの煮卵、枝豆と、串焼三種はせせり、もも肉、ハツとビールがついつい進むラインナップ。このお店でチケット3枚を使い切ってしまいましたが、もう少し飲みたい気分……。

チケット追加! 「桜バル」2回戦へ

結局、もう一つづりチケットを購入して4軒目へ。

桜バル8

内装も本格的なメキシコ料理「エルボラーチョ」の桜バルメニューは「自家製サルサ&チップス」

桜バル9

ドリンクは、生ビール、コロナビール、生シードル、赤・白のメキシコグラスワイン、テキーラ(お店いちおしのアガベテキーラ)から選べます。生シードルとテキーラをセレクトして、しばしのメキシコ気分を味わいました。

桜を見渡すイタリアンバルで、旬の味を楽しむ

桜バル10

コレド室町3のヴェネチアがコンセプトのイタリアンバル「IL BACARO ALMA」では、魚介を中心としたさまざまな小皿料理とワインが楽しめます。桜バルメニューの「筍のドライトマトマリネ」、「ホタルイカと菜の花のアンチョビ風味」、「タコ炙りカルパッチョ」を、桜の花びらのようなピンク色のロゼスパークリングワインとともに。

桜バル11 桜バル12

ホタルイカや菜の花、筍など旬の味を一度に楽しめて、心もお腹もお得に満たされます。

正統派の居酒屋メニューで〆

〆は、コレド室町1の原始焼き、鮮魚、日本酒が楽しめる「日本橋 墨之栄」。こちらで選べるフードは「ほっけの切り身」、「さばの切り身」、「するめいか肝焼き」、「クリームチーズの醤油漬け」。「ほっけの切り身」と「クリームチーズの醤油漬け」を選んで、天狗舞の蔵出し生酒とともに。

桜バル13 桜バル14

「桜バル」、土日はお昼から開催

私たちのように盛り上がって二回戦に突入するのも、仕事帰りの一杯にも、桜バルというお得な機会をぜひぜひ活用したいものです。

今回の桜バル、土日は12時から受付開始。日が落ちてライトアップされた桜もきれいでしたが、一年に一度のせっかくの機会なので、いろいろな桜の表情を楽しみたいもの。この週末は、お昼すぎから桜を眺めつつ、ゆったりと食べ歩き&ショッピングを楽しむのもまた粋かも知れません。

<イベント概要>
イベント名 :ニホンバシ 桜バル2016
開催日:2016年4月10日(日)まで 
      12:00~23:00
    ※イベントの開催時間は、各店舗により異なります

当日受付場所:コレド室町1 ・1階エントランス
       東京駅八重洲北口2階 北町ダイニング内
       ※チケットとマップをお渡しします
       12:00~20:30

参加費:●WEBチケット(当日): 3,100円
    ●当日チケット: 3,300円

桜バル公式URL  https://machi-bar.jp/sakura-bar/

桜フェスティバル公式URL http://www.nihonbashi-tokyo.jp/sakura2016/

mini