単に出会いばかりを求めても、結婚できない理由

■その婚活で、うまくいく?
「婚活」と言うと、すぐお見合いやパーティー、お食事会などに参加し、出会いを探すことが重要だと思っている人は少なくありません。

でも、そんなことを続けても、結婚に結びつかなかったり、仮に結婚できたとしても幸せになれなかったりすることが多いのです。

もちろん恋愛や結婚には、縁とタイミングが大切です。ただ、婚活中の人は、「いい人がいないから、結婚していないだけ」「いい人がいれば、結婚できる!」という考え方は、一旦は捨てましょう!

ここでは表面的な結婚するための活動ではなく、もっと結婚に大切な「婚活の一環となる行動」を紹介していきます。

■その1:独身生活を充実させる
「独身生活を充実させることが、婚活の一環なの?」と思う人はいるかもしれませんが、これも大事な作業です。

それは、焦って不本意な結婚をしてしまうこともなくなるし、「人から幸せにしてもらう」ではなく、自分が幸せである分、「相手を幸せにしてあげよう」と思える余裕が出てくるからです。

今すぐに結婚したい人の中には、「今、幸せではないから、結婚したい」と思っている人もいます。でも、そのまま結婚に突き進むと、むしろ幸せになれないことも多いのです。

結局、あらゆる自分の問題を見て見ぬフリをして、「結婚したら、なんとかなる!」と自分に言い聞かせたところで、いつかその誤魔化した問題が人生の壁となって表れます。それが結婚後、生活を壊してしまうことにもなり兼ねません。

「自分で自分を幸せにする」のは、人生の大事なミッションです。それを他人に委ねてはいけません。

独身の時は、良くも悪くも自由で身軽です。だからこそ、やっておきたいことは色々とチャレンジした方がいいでしょう。その結果、幸せを他人に依存するような人よりも輝き、いい出会いが訪れることもあるかもしれませんよ?

■その2:自分を知る
「いい人がいないから、結婚できない」と思っている人は多いものですが、もしかしたら、それだけが原因ではないかもしれません。

まずは、「いい人がいないから、結婚できない」に当てはまる、「いい人」を本当の意味で分かっていない人もいます。

そのためにも、まずは「自分は結婚に何を求めているのか?」をきちんと考えましょう。それは単に生活のレベル、子供の有無なんて話ではなく、“本当の意味で結婚を考える”ということです。これは、自分の人生観にもつながることです。

例えば、パートナーと共に生活するにあたり、自分がどこまでが許容できて、逆にできないのかについて考えることは大切です。いくら相手の条件が良く、ルックスもよくてお金持ちの人でも、仕事が一番大事で家庭を省みないタイプの人だっています。また「妻が家にいて、子育てをするのが当たり前」という考えの元、奥さんが外で仕事をするのを嫌がる男性だっています。逆に、条件は理想的ではなくても、奥さんの仕事を応援してくれ、一緒にいて心地よい人だっています。

つまり、自分だったら、どんな人と結婚したら、本当に幸せになれるのかをきちんと考える必要があるのです。

例えば、恋愛と混合させた気持ちで婚活をしている人は、異性として魅力的であっても、結婚に向いていない人を選ぶ傾向があります。そういう人は、今自分は、「恋愛をしたい」のか、「結婚をしたい」のかをきちんと知る必要があります。

恋愛をしたいのであれば、すればいいのです。その気持ちが落ち着いたときに、「結婚したい」という気持ちがリアルに沸き上がり、選ぶ相手は変わってくることもあります。だから、自分に嘘をつくのではなく、素直に行動することが大事なんですよね。

また、人生は思い通りにいくことばかりではありません。そんなとき、「どんな人なら、一緒に乗り越えていけるのか」も考える必要があります。いくら普段は魅力的な人であっても、いざ、トラブルが起こったときに冷酷な対応をする人だったら、共に人生を歩むのは難しいですよね。

例えば、子供が欲しいのに、できないこともあります。そんなとき、子供を育てる家庭に固着し、ひどいときには離婚を切り出す人もいるでしょう。逆に「夫婦2人で、仲良く人生を歩もう」と、未来の家庭像を柔軟に切り替えられる人もいます。

逆に自分の方が「子供が欲しいから、結婚したい」と思ってしまっているような人であれば、「子供ができないのであれば、結婚する意味がなかった」と、別れたくなることだってあるかもしれません。

つまり、自分の結婚観を知ると共に、自分のことも冷静に見る必要もあります。

「自分の都合の良い人ばかり探していないか」
「自分が(相手を利用して)幸せになることばかり、考えていないか」
「自分には相手を幸せにできる力があるのか」
「自分はどんな状況でもうまくやっていく柔軟性はあるのか」

もしかしたら、結婚できないのは、「いい人がいない」のではなく、「自分の問題」であることもあるのです。今、挙げたことで当てはまることがある人は、自分でも気づかないうちに、その身勝手さが言動に出てしまっているところもあるかもしれませんよ。

人は、結婚をするためには「出会うことが大事」だと、表面的な活動ばかりしがちです。でも、幸せな結婚をするためには、単に理想的な相手と出会えばいいというわけではなく、もっと深く人生、そして幸せについて考えることも重要です。

■その3:自分らしい幸せを見つける
婚活女性の中には、世間一般の「ある程度の年齢になったら、結婚して、子供を育てるべき」なんて価値観に振り回されているだけで、実際は、結婚、子育てに向いていない人もいます。

結婚や子育てに向いていないことは、悪いことではありません。誰もが自分の人生を謳歌する必要があります。だからこそ、自分らしく幸せになれる方法を見つけることが大事なのです。

独身女性の中には、「結婚したい」と言っておきながら、本当は家庭を守るような生活よりも、外で仕事をしたい人もいます。また、1人でいる身軽さを好んでいる人もいます。そんな人が、もし保守的な家庭像を理想としている男性と結婚してしまったら、自分らしさを失い、幸せではなくなるでしょう。

結局、人は気が向く方に行動を移すことが多いもの。今独身な人は、人生における色々な選択肢の中、自分が選び続けてきた結果、「今、結婚していない人生を選んでいる」ことも多いのです。

例えば、仕事や趣味が好きな人は、家庭を築くことよりも、気持ちがそっちに向いているから、独身であることも多いでしょう。結婚や子育てに向いていない人は、結婚や出産にこだわらずに、自分に合ったライフスタイルを作っていくことの方が、幸せになれるかもしれませんよ?

■婚活に必要なことは、「出会う」ことだけではない!
今回紹介した、3つのこと「独身生活を充実させる」「自分を知る」「自分らしい幸せを見つける」といった行動は、婚活の一環です。直接、結婚する行動には結びつきませんが、幸せな結婚をするためには重要なことなのです。

これらの行動に時間がかかる人もいるかもしれません。でも、それでもいいのです。人それぞれに適したタイミングがあります。もしかしたら、人によっては独身時代は恋愛を堪能して、50歳を越えてから結婚する方が幸せな人だっていますしね。

「単に結婚できれば、幸せになれる」ほど、人生は単純ではありません。だからこそ、婚活は、自分にとっての結婚、そして人生を考える活動でありたいものですね。

【ひかりの恋愛コラムガイド:ひかり 】


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…