~恋に臆病なあなたへ~実は結婚は博打のようなもの!最期は勘が決め手です

アラサー世代以降の恋は結婚を夢見る恋となるでしょう。結婚して幸せになれるような人をじっくり選んで恋人を探していませんか?人生なんて案外簡単なものなのです。「何となく結婚した夫婦」が末永く幸せだったりするのです。

【結婚は博打です!松下むめのさんを見習いましょう】

松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)の創設者である松下幸之助さんが結婚した大正4年当時、彼には親も家も財産も学歴も無い、無い無いずくしの状況だったそうですよ。
そんな条件の悪いお見合いを、井上むめのさんは、わざわざ選んでお見合いしました。そして松下幸之助の夢を自分の夢にしようと決意し、結婚を決めたのだそうです。
その後夫婦一緒に苦労しながらも、どんな時も夫を支え、天下の松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)の創設者の奥様となるのです。

自分の人生を夫の夢に賭け、賭けに勝ったわけです。むめのさんも、まさかここまで成功するとは思ってもいなかったかもしれません。或いは、直感で賭けに勝てる自信があったのかもしれません。
大恋愛の末の結婚も、お見合いの結婚も、結婚は人生のスタートなのです。夫婦2人で一から家庭を築いていかなければなりません。

人生山あり谷ありです。人は人生の幸せの量が等しく決まっていると言われています。それなら、人生の谷が深いほど山は高く幸福になれるというものです。その人生の山の頂上の景色をこの人と見たい、と思えるかどうかでしょう。

【人生を賭けた博打には、それ相応の準備を!】

いくつになっても恋する気持ちを大切にしましょう。女性は恋をしているだけでお化粧のノリも良くなって美しくなります。
キレイになったあなたを見て、あなたに恋する男性が現れるかもしれません。少なくとも新たな出会いの準備にはなるでしょう。あなたが以前から恋こがれていた男性が、あなたがキレイになったことを気付いてくれるかもしれません。

たとえ恋する人に振り向いてもらえなくても、あなたに恋する男性が現れたら、何度かデートをしてみるのも良いでしょう。あなたの心が彼と居ることで楽しかったのなら彼だってあなたの結婚候補です。女性は愛された方が幸せなのです。

結婚してからも一生恋こがれて暮らすのは疲れてしまうでしょう。愛されている幸せを感じる年齢がそのうち必ずあなたに訪れるでしょう。それに、将来の事は誰にもわかりません。一生幸せでいられるかどうかなんて考えていたら結婚できません。

こんな言い方をしたら不謹慎ですが、結婚は人生を賭けた幸せになるための博打と同じなのです。「この人とならしわくちゃのお婆ちゃんになっても笑っていられそうだ」と思うお相手を選ぶ賭けなのです。
心の直感に従い、大博打をするのですから、結婚式は大博打の成功を願う儀式のようなものかもしれませんね。

2013年の厚生労働省人口動態調査の推計によれば、47秒に1組のカップルが結婚し、2分13秒に1組のカップルが離婚しているそうです。つまり、日本ではもはや離婚は珍しくない風潮になっています。
あなたの周りでも、バツイチのシングルマザーや、バツイチのシングルマザーが子連れ再婚する話をよく耳にすると思います。
つまり、人生を賭けた大博打に失敗したと気付いたら、新たな幸せを求めてまた博打をすればいいのです。そのうち勘が鋭くなって、運命の赤い糸のお相手を見事に射止めることができるでしょう。

鶴山あずさの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…