カレの前で失敗したくない!そんなあなたに送る激モテ作りおきシチュー ●料理研究家・オガワチエコの【ピンチを救う恋レシピ】Vol.7●

街にはクリスマスソングが流れ、イルミネーションも光り、ついに12月。恋人たちの季節が到来しましたね。
カップル成立率がとても高いこの時期。お悩みも多数寄せられています。

Q:付き合って間もない彼がうちに遊びに来たいと言っています。
来てくれて問題ないのですが、これって手料理とかつくらなければいけないパターンですよね?
料理はしないわけではないし下手ではないと思うんですが、緊張して絶対失敗すると思います。
どうしたらいいでしょうか?(27歳女性・ネイリスト)

A:こんにちは。料理研究家のオガワチエコです。
彼の前での初料理。緊張しますよね。すっごくよくわかります。
プロである私でさえ、そんなシーンでは毎回ドキドキしていたのを思い出します。
しかもそういう時にかぎってキッチンでアクシデントがおきたりして……。
恋するキッチンは戦場でもあるんですね。
そんな戦場に、いきなり丸腰で挑むのはとっても危険。
ではどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単。彼の前で料理をしなければいいのです。

作りおきの料理を「昨日作った残りなんだけど、よかったら食べる?」くらいの感じで振舞えばじゅうぶんです。
失敗もないし、毎日料理している感も出せて一石二鳥ですよ。

それでは具他的にどんな料理を作りおきすればいいのでしょう?
その答えがこちらのレシピです。

★鶏肉のトマトシチュー★

foodpic4294358

【材料】2~3人分
鶏もも肉 300g
オリーブオイル 大さじ2
にんにく 1個
たまねぎ 半分
塩、こしょう 適量
小麦粉 大さじ3
★赤ワイン 大さじ2
★ローリエ 1枚
★水 1カップ
★カットトマト缶 1缶400g
★ケチャップ 大さじ2
★ソース 大さじ2
塩 小さじ1
しょうゆ 大さじ1
とけるチーズ 40g
あれば冷凍パセリ等

【作り方】
(1)にんにく、たまねぎはみじん切りにする。
(2)鶏肉はひと口大に切って塩、こしょうをふり、小麦粉をしっかりまぶしつける。
(3)鍋にオリーブオイルを流し、にんにくを炒め、香りがでたらたまねぎを加える。
(4)たまねぎが透き通ってきたら、(2)の鶏肉を加え、こがさないように火を通す。
(5)鶏肉の色が変わったら、★の材料を全部鍋に入れ、中火で15分くらい煮込む。
(6)とろりとしてトマトの酸味が消えたら、塩、しょうゆを加えて味を決め、火を止めてチーズを加え完全にとけたら出来上がり。あれば冷凍パセリを添えるとキレイです。

この時期にぴったりなシチューをトマト味でキメたこのメニュー。
トマト味だからこそ、ごはんに混ぜてチキンライスにしたり、パスタにからめるソースにしたりと応用もききます。

パン派のカレにもごはん派のカレにもどうぞ。

冷凍しておいてもいいくらいですよ!

※写真にはあさりが入っていますが、入れなくてもじゅうぶん美味しくいただけます。

(Text/オガワチエコ・Photo/大崎えりや)

オガワ チエコの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…