運命を変えるための「行動の起こし方」

先週は、「運命を変えるには、心の底から『思うこと』」という話を書きました。皆さん、もうとっくに、「思うこと」のスペシャリストになってらっしゃるかと存じます。それでは「思う」に続くステップとして、「行動の起こし方」をご紹介します。

活動時間帯を変える

「運命の男性になかなか出会えない運命」を変えるには、活動時間帯を変えましょう。先に、例を挙げますね。会社の近くに、メロンパンが美味しいと評判のパン屋さんがあるとしましょう。前々から、帰りに買って行こうと思っているのですが、仕事が終わる17時過ぎには、いつも売り切れています。この時点では、「美味しいと評判のメロンパンを購入できない運命」ということになりますね。では、パン屋さんを訪れる時間帯を変えてみては如何でしょう? ほんの少しだけ早起きして、出勤前の時間帯に訪ねれば、メロンパンをゲットできます。

メロンパンと一緒ですよ。「アフター5は、運命の出会いを模索すべく、繁華街へ繰り出している」という人は、「アフター5」ではなく「土日の昼間」に、活動時間帯を変更しましょう。「土日の昼間は家で寝ていたい」ですって? 「運命の男性に出会うのは土日の昼間」が、あなたの運命だったとしたら……ね、寝ている場合じゃないですよね。

逆も然り。「土日は、運命の出会いを模索すべく、マッチングイベントをハシゴ」という人は、「土日」から「平日のアフター5」に、活動時間帯を変更しましょう。「次の日も早いし、さっさと家に帰りたい」ですって? 「運命の男性に出会うのは平日の夜」が、あなたの運命だったとしたら……午前サマ覚悟で遊び歩くのもアリです。

活動場所を変える

筆者の古い友人に、歌舞伎町のキャバクラでキャバ嬢をしていた女性がおります。彼女は歌舞伎町で、ナンバーワンとまでいかずとも、それなりに売れっ子でした。あるとき、ちょっとした事情で、歌舞伎町のキャバクラから、杉並区内のキャバクラに移ることになった彼女。杉並区内のキャバクラでも、当然売れっ子になるかと思いきや、ほとんど指名が入らず、すぐに辞めてしまったとのこと。このように、同じキャバ嬢という仕事でも、場所やお店が変わるだけで、全然違ってくるわけです。

出会いを模索するための活動場所がインターネットメインで、いまのところ良い出会いに恵まれていないとしたら、活動場所を街コンに変えてみるのも一つの手です! 土地にも同じことが言えます。銀座コリドー街でナンパ待ちしても、ろくな出会いがないと言うなら、活動場所を恵比寿横丁に変えてみる! 「銀座コリドー街では運命の男性に出会えない運命」を、「恵比寿横丁で運命の男性に会える運命」に変えるのです。

交友関係を変える

合コン大好きな女友達とばかり親しくしていると、そりゃ合コンの機会は増えます。ですが、せっせかと合コンに足を運んでも、運命的な出会いに結びつかないとしたら、交友関係を見直す必要があるでしょう。女子会ばかり催しているような真逆のタイプと仲良くすることで、「同性同士で仲良くしているほうが楽しいから、当分出会いはノーサンキュー」と、あなたの内面に変化が生じるかもしれません。出会いに対するガツガツ感が消えたことで、周囲の男性がこれまでとは違った目線で見るようになり、思わぬ相手からアプローチを受けることもあるでしょう。

もちろん、逆パターンもありますよ。女子会大好きな友達の輪を離れ、合コン三昧の肉食系女子と仲良くすることで、そこに運命の出会いが待っているのかも! そりゃ、最初のうちは疲れると思いますよ。これまでの仲間とは真逆なタイプなわけですから、振り回されることもあるでしょう。その気疲れぶん、運命の神様が、運命の出会いをプレゼントしてくれると思えば、振り回されるのも一興ですよ。

 

運命を変える行動のコツは、「現状と真逆」……このひと言に尽きるでしょう! 来週は、せっかく掴んだ運命の出会いを120%活かす方法をご紹介しますね。

written by 菊池美佳子

Photo by Koluso


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…