男性が結婚したがらない本当の理由は“本能”にあった!?

今、若者たちの中で、結婚の意義が見出せないという人が急増しています。今回はその理由を男性の本能や本音を交えてご説明したいと思います。

koigaku6857797484_97c6376313_o

男性が結婚を望まない理由その1:たくさんの遺伝子を残すため

生物学的に、さまざまな体格や性格をした子孫を生み出すためには、同じメスと交配し続けるよりも、複数のメスと交配して子孫を残した方が、絶滅を免れやすくなると言われています。そういった過程を繰り返し生き残った末に人類が誕生したわけですから、人間の男性も、複数の女性と交わることを本能的に望んでしまうのです。

そう、つまり有能でモテる男性が独り身でいるのは、女性に不自由しないからではなく、一人の女性を選ぶことにリスクを感じるから。できるだけ多くの遺伝子を残し、可能な限り長く男として生きたいと望む男性にとって、一人の女性に縛られる結婚は望むべき道ではないのです。

男性が結婚を望まない理由その2:生活スタイルを変えられないから

独身生活が長く続くと、生活ペースやサイクルといったものが確立されがちです。しかし恋人ができれば、多少なりとも相手に合わせる必要が出てくるため、それを束縛や干渉に感じる人もいるのでしょう。

結婚となれば、自由気ままに暮らしてきた独身時代に比べ、何かと規制がかかるという観念が先に芽生えてしまうのも無理はありません。昨今、職場でも同僚とのコミュニケーションを取りたがらない人が増えているように、人と深く関わることに対して、ストレスを感じやすくなっているということも考えられます。ライフスタイルの変化を望まないことが、結婚を遠ざけているのです。

結婚する意義って?

「結婚」という文字を広辞苑で引くと、「男女が夫婦になること」とあります。そう、つまり結婚とは”こうあるべきもの”という定義付けは誰にもできないのです。言うならば、夫婦の数だけ結婚の数もあるということ。だからこそパートナーとなる恋人とは、交際中にたくさんのことを語り合い、二人ならではの結婚のイメージを固めていけばいいのです。

それなのに、結婚する意義を考えたときに、”子どもを授かり産み育てるため”という理由ではあまりにも義務的で、悲し過ぎるのではないでしょうか。

私が思う結婚とは、パートナーと共存することにあると思っています。結婚がゴールではなく、その先に待つ結婚生活をいかに幸せな気持ちで過ごせるパートナーを選ぶかが、結婚における最大のテーマだと考えているからです。

確かに我々人類には、子孫を残すという遺伝子に課せられた使命があります。だからこそ、あなたにとってより良い遺伝子を残すためにも、結婚がゴールではないという現実に気づいてほしいと切に願っているのです。

ぜひあなたも、「恋学」で理想の恋愛を!

大木 隆太郎の他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

4うーん…