それぞれの悩みがある? 兄弟の有無で変わる結婚観の違いとは

人それぞれ、自分なりの結婚観を持っていると思います。きっと結婚へのこだわりや考え方もあるでしょう。

そんな結婚に対する考え方ですが、一人っ子の女性と兄弟・姉妹がいる女性とでは一部の考え方に大きな違いがあるようです。

それは一人っ子だからこそ、そして兄弟・姉妹がいるからこその考え方です。

それはどのような考えでしょうか? 一人っ子の女性や兄弟・姉妹のいる女性に聞いてみました。

兄弟・姉妹女子「兄弟・姉妹が実家付近にいるからこそ遠方へ嫁げた」

「私は実家から少し離れた場所へ嫁いだけれど、それは妹が実家の近くにいて安心できたから。もしも私が一人っ子だったら、遠くへは嫁げない。親が心配だから、遠方へ嫁がなければならない結婚だったらしなかった」(31歳/専業主婦)

「兄がいるので、実家のことは兄に任せられる。だから私は自由にどこへでも嫁げた。一人っ子だったらできるだけ実家の近くに住みたいと考えたと思う」(31歳/サービス)

結婚するとなったとき、気になってしまうのは両親のこと。

今はまだ考えなくても、いつか「年老いた両親のことが気になるので近くに住みたい」という感情を抱くかもしれません。

もしも一人っ子なら、自分が両親のそばに行くしかないでしょう。でも兄弟・姉妹がいれば、任せることだってできるのです。

兄弟・姉妹がいる女性は、その点で安心できるため気兼ねなく遠くへ嫁げるようです。逆に、一人っ子の女性は親が心配で遠くへは嫁ぎづらいようですね。

兄弟・姉妹女子「独身の姉を気にして先に結婚できない」

「姉より先に結婚しそうになったけれど、姉がまだ独身なのでなんとなく気が引けてしまった。彼には数年待ってもらって、姉が結婚してからやっと私も結婚。そこまで気を使う必要があったかどうかわからないけれど、どうしても気にしてしまった。一人っ子だったら、きっと何も気にせずすぐに結婚しただろうな」(28歳/アパレル)

「家族なのだから遠慮せずに先に嫁いでもいいのでは……」と思う方もいそうですが、なかなかそうはいかないときもあります。

特に結婚適齢期のナイーブな時期だと、家族の結婚という喜ばしいことでも複雑な気持ちになってしまう女性も。

その点、一人っ子なら誰に遠慮することなく好きなタイミングで結婚できますね。

一人っ子女子「相手も一人っ子は嫌」

「私も相手も一人っ子となれば、お互いの両親4人は2人で介護することになる。2人で4人はきつすぎるので、せめて相手の人は一人っ子じゃないほうがいい。そのほうが介護の苦労は分担できそうだし、金銭的な負担も少なそう。必ず楽になるとは言えないけれど、一人っ子よりかは希望が持てる」(29歳/アパレル)

自分と同じ一人っ子なら、一人っ子同士気持ちがわかるかも……という面はあるものの、介護の問題がでてくると話は別ですよね。

相手に兄弟・姉妹がいれば相手の親の介護をしなくて済むとは限らないですが、負担が減る可能性はもちろんあります。少なくとも相談することはできるでしょう。

一人っ子だと自分が親の面倒を見る可能性が高い分、せめて相手の親の面倒は減らしたいと思ってしまうようですね。

兄弟の有無に関わらず、自分らしさを忘れずに

一人っ子かそうでないかで、どうしても考えや行動が狭められることがあるかもしれません。

遠くへ嫁ぎにくかったり、姉妹の結婚を先に望んだり……。そういうことを気にすると、本当に理想とする結婚への考え方とは程遠くなってしまうかも。

もしも「一人っ子だから」「姉がいるから」などの理由が結婚観にマイナスを与えているようなら、一度考え方をリセットしてみましょう。

兄弟の有無に縛られすぎると、自分の望む結婚がわからなくなります。自分が本当に望んでいる結婚観を見失わないように、しっかりと考えていきたいですね。

 

written by 神之れい

Photo byすしぱく