誰でもなれる!オトコを惑わす魔性の女になるための3ステップ!

魔性の女になりたいと、思ったことはありますか?
魔性と書くとちょっと淫靡なイメージが沸きますけど、要はモテモテな女性を文学的に表現した言葉ですよね。
こういう女性には、なるというよりも、元々備わっていた美貌性格が大きく関与していると思います。
もともとその素質がある女性が、なるべくして魔性の女になる、ということがほとんどではないでしょうか?

ただ、それ以外の女性でも、趣向を凝らせば擬似的に魔性の女になることは可能です。
今回はその方法を、3ステップからご紹介したいと思います。

ステップ1 魔性の女は髪を染めないし巻かない!

魔性の女って外見でもある程度構成する要素があるんですよね。
しかしそれは、ブランドに包まれて香水ムンムンなファッションをすればOKというわけでもなく、むしろ全く逆です。

以前、もう閉鎖しちゃったあるサイトで男性300名を対象にした、女性の髪型についてのアンケートを行ったことがあります。
このアンケート結果、ざっくばらんに言うと、とにかく髪の毛を染めたり、毛先を巻いている女性よりも、ロングのストレートの女性の方が圧倒的に支持されていたことが分かりました。

ぶっちゃけ僕も、あんまり盛ったヘアスタイルをしている女性を見ると「それなりに男性経験多いのかな」って思ってしまいます。
魔性の女、第一のポイントは、あらゆる年齢層の男性が話しかけやすい女性の姿をしていることなのです。
その姿の基本的なフォーマットが、ロングのストレートで、黒髪ということなんですね。

ちょっと印象としては髪型が重たく感じられるかもしれませんが、こうすることで男性には間違いなくウケます。
まずは大勢の男性に意識されるために、髪型から入るのが王道ということですね。

ステップ2 普段から愛嬌を振りまく必要はない!

次のステップに移行しましょう。
魔性の女と言うと、合コンなんかで「あたしだけを見て!」ばりに異性に女子力アピールをする女性のことを想像しがちですけど、男性の立場になって考えると、こういう女性ってあんまり好きになれません。
複数の男性に対して、自分の女性的な魅力を見せ付けるということは、男性たちに自分を賭けての競争を強いているように見えてしまいます。
それに、「どんな男性に対しても、こういう対応なんだろうか」と思わせてしまうことにもなりかねません。潔癖すぎる男性には、相手にもされないでしょう。

だからこそ重要なのが、言動のギャップです。
普段、大勢の前にいるときは普通でいればOKなんです。
しかし、異性と2人きりになったときに、いつもと違う愛嬌を見せれば、男性はそのギャップに必ず気付きます。

愛嬌の振り巻き方なんて、この際なんでもいいです。
最終的に、相手に「可愛い」と思わせれば勝ち。
僕の経験だと、2人きりになった部屋で、椅子に座ろうとした女性が、椅子と間違えて僕の膝の上にお尻を乗せるというベタなボケをやられてしまい、一撃で異性として強烈に意識するようになった、ということがありました。
ホント些細な、下らない小ボケに、体が一瞬でも触れ合う瞬間が重なれば、男性は確実に意識するようになります。

ステップ3 あえてモテる女の逆を行く!

最後に、一番効果的な、魔性の女になるためのポイントを書いておきます。
それは、「モテる女性のトレンド」を無視すること。これです。

テレビや雑誌、それから恋愛コラムサイトなんかでは、モテ女になるための秘訣やら、ファッションの最新情報がリリースされています。
モテたいと思っている多くの女性は、これらの情報を参考にしています。
でもこれで結果的に、トレンドに則った量産型モテ女がたくさん巷に溢れるようになるんですよね。
誰と付き合っても一緒という状況が生まれる可能性があります。

ステップ1とも一部重複する話になっちゃいますけど、現に今の女性誌の人気読者モデルなんか見ていると、金太郎飴みたいに同じ髪色、同じメイク、同じ表情の女性が活躍しています。
ああいうのって、男性は結構引いてしまうところがあります。
反対に、流行に揺れず、いつでも自分がある女性はというと、結果的に流行とは外れがちになってしまいますが、そのため存在が引き立ちます。

存在が引き立っている上で、前項2つの特徴を併せ持っていれば、天性の魔性の女にこそ敵わないまでも、愛される女性にはなれるはずです。

written by 松本ミゾレ

photo by ronymichaud


この記事どうだった?

2いいね!

3うーん…