「街コンに学生が多い」は間違い!? 参加者の8割が“社会人”という結果が明らかに

昨今新しい出会いの場として人気を博し、勢いの衰えを知らない街コン。次々と登場する新企画の数々に、チケットの売り切れも後を絶たない状況が続いているそうです。

そんな中、参加希望者の心を掠める一抹の不安…「街コンって、学生が多いんじゃないのかな」なんて考えたことはありませんか? 行ってみたいとは思いつつも、なかなかその一歩を踏み越えることができない社会人の方々も多いようですよ。

これまで40万人以上の参加者を集めてきた株式会社リンクバルが行った20代~40代・男女計約1500名へのアンケート調査の結果を元に、その実情を探っていきましょう!
驚くべき結果が明らかになりました。

IMG_1411_R

■参加者のおよそ8割が“社会人”と判明

d4786-40-729182-0

▲出典:株式会社リンクバル

調査の結果…男性の83.5%、女性の76.2%が自身の職業について、「会社員」と回答。男女共に最も多い割合を占めていることがわかりました。
また、次いで多かったのが男性の6.0%で「公務員」、女性は11.0%が「専門職」との回答に。世間の推測としては多かった「学生」は、男性の2.0%、女性の3.8%と非常に少ない結果になりました。

■それぞれの生活リズム・趣味趣向に合わせたイベントに参加できるのが「街コン」最大の特徴

まず、街コンの開催自体が主に土日の昼間に行われていることからも、社会人の参加率をググッとアップするきっかけそのものが多いということがわかります。平日の開催も、会社終わりに参加することができるよう、やや遅めの時間かつ首都圏・交通の便が良い場所が目立つでしょう。
また、学生さんの参加も決して無いわけではありません。値段もお手頃な企画が多いので、場所によっては若い人の割合が増えるところもあるのではないでしょうか。
しかしながら全体を通して“年上好き”という女性が多い(“年下好き”の男性も多い)ことからも、総合的な年齢層がジワジワとアップしていくのは必然と言えるのかもしれませんね。それぞれの生活リズム・趣味趣向に合わせたイベントに参加できるのが、街コン最大の特徴と言えるのかもしれませんね!

年齢を気にしてちょっぴり尻込みしていたという方は是非、これを機会にお友達を誘ってみてはいかがでしょうか。

【参考】
株式会社リンクバル 20代~40代の街コン参加者の意識調査(第2回)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000040.000004786.html

(Text/渡辺ゆきち

ゆきちの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…