こんな女は嫌われる!男性が「ウザイわぁ…」と感じたオンナのSNS・4選

男性にチヤホヤされるのは、やっぱり仕事もプライベートも充実した女性。気になる異性の前では、ちょっぴり背伸びして“デキる女”を演じちゃう…なんて方も少なくないのでは?

でも、「私って、みんなに頼りにされて困っちゃう」なんて過剰なアピールをしすぎると、男性からウザがられる傾向が…!

そこで今回は、『gooランキング』の「ウザいと思われる「意識高い系」SNS投稿ランキング」を参考に、ちょっと恐ろしいオトコの本音を集めてみましたよ。

1:会社にチェックインする暇があったら、仕事しろよ!

「SNSに『今日も忙しい』『仕事がたくさんあって困る』なんて投稿する暇があるなら、仕事に集中したら? 要領の悪さをアピールしてるだけだから、やめた方がいいよ」(27歳・金融)

大量の仕事を効率よくスマートにこなす男性からすると、休日出勤してダラダラ仕事をするなんて考えられないんだとか。「休みを返上しないと終わらないくらい、デキない女ってことでしょ?」なんて厳しい意見もありましたよ。間違っても会社にチェックインして、「私って、いっぱい仕事任されて大変なの」と多忙アピールしないように…。

2.寝ない/食べないと仕事にならないんじゃない?

「大変なのは分かるけど、『もう○時間寝てない』『昨日の朝から何も食べてない』のは、仕事の効率が落ちるだけじゃないかな? どんなに忙しくても、片手でおにぎり1個くらい食べられると思うし」(28歳・建築)

誰かに頑張っている自分を認めてもらいたくて、「もう○時間寝てない・食べてない」とSNSに投稿しがちな女性は要注意! 周囲からウンザリされている可能性大ですよ。ちなみに、「自分が二人欲しい」「1日が36時間だったらいいのに」「もうこの時間だと完全に家に帰れない」発言も控えた方がよさそうです。

3.カタカナビジネス用語使って、デキる女気取るなよ!

「日本語もろくに使えないくせに、カタカナビジネス用語を連発する女ってどうなの? 『コミットメントを果たすために…』『そのスペックが…』って、聞くだけでイライラする」(26歳・メーカー)

いつからカタカナ用語を使う=ビジネススキルが高いと判断されるようになったのか、思わず「日本語で言えよ!」とツッコみたくなるような言葉が社内を飛び交っていますよね。でもコレ、男性はかなり鬱陶しいと思っているんだとか。気になる上司・同僚をイラッとさせないためにも、日ごろから意識して正しい日本語を使うように心がけてみてはいかが?

4.長文投稿・連投するなら、日記つけろよ!

「ダラダラと長文を投稿したり、1日に何度もコメントしたり。人気アイドルじゃないんだから、日常生活を暴露されても、反応に困るんですけど…」(31歳・公務員)

話好きの女性にとって、SNSも大切なコミュニケションツールの1つ。ちょっとした出来事を取り上げては、「今日○○行って、新しい靴をゲット!」なんて報告している女性も少なくないのでは? でも、あまりにも長文だったり、連投が続くと、「何様のつもり?」「ブログや日記にすれば?」とウンザリされるのがオチ。投稿ボタンを押す前に、本当に発信するべき内容なのかチェックするクセをつけましょう。

おわりに

いかがでしたか? あなたも今回ご紹介したような内容をうっかりSNSに投稿すると、“勘違い女子”認定されて、男性から敬遠されてしまうかも…。ステキな恋を逃さないためにも、間違ったアピールには十分ご注意くださいね。

(参考元)
・ウザいと思われる「意識高い系」SNS投稿ランキング – gooランキング

(取材協力)
・20~30代独身男性

written by mook

photo by kimdokhac


この記事どうだった?

2いいね!

2うーん…