ガツガツしたくないけどなんとかしたい。ラクして恋愛する方法はあるのか?

クリスマスまで1ヵ月を切りました。まだ予定が決まっていない女子は、イルミネーションがちょっと目に染みるこのごろではないでしょうか。

この時期になると、がぜん恋人探しに積極的になる女子も多いのですが、そんな女子に混じって最近は、「合コンや婚活パーティーにいくのは面倒だけど、恋愛はしたい!」というワガママすぎる悩みを耳にします。

そもそも一人では恋愛はできないので、出会いがなけりゃ無理な話なのですが、「ガツガツしたくはないけど恋愛はしたい」ということは、頭では恋愛が必要なのを分かっているのに、感情がついてきていない状態と言えます。

今日はそんな矛盾を抱える女子に、1日で感情のバランスを整えて、自分を恋愛する気にさせる方法をご紹介します。

 

1日休みをあえて取り、恋愛の日としてパワーを溜める

まず1日休みを取ってください。その間は人に会う約束もせず、やらなければいけない事も放置できる状況がベストです。そして恋愛の日と称して、1日全てを自分と恋愛のために費やしてください。

今日のアナタには予定がないのではありません、恋愛の為に時間を使うという予定があるのです。

恋愛映画を質より量を重視して鑑賞せよ

まず恋愛映画を鑑賞しましょう。その際のポイントは、1本のストーリーの中に複数の恋愛模様が描かれたモノを鑑賞してください(例えば『ラブ・アクチュアリー』『ホリデイ』『バレンタインデー』など)。

なぜ複数の恋愛模様が描かれたものをすすめるのかと言うと、今回恋愛映画を観る目的は、キュンとなってときめくのも大事ですが、だれもかれも恋愛している!という状況を目の当たりにするためです。

映画の中の恋愛に憧れるのも大事ですが、みんな恋愛しているのが当たり前!という状況を、映画を通して体に刷り込みましょう。

恋愛教則本を乱読せよ

次にやっていただきたい事は、異なる著者の恋愛本を、出来れば3冊以上乱読してください。じっくり読まなくてもかまいません。

なぜ複数冊読んでいただきたいかというと、恋愛テクニックや心理学も当然バラつきがあり、共感するポイントが人によって異なるためです。一人の著者の知識を鵜呑みにするのではなく、なるべく短い時間で多くの「これは使えそうだ」「こういう考えもあるのか」という気付きを得るのが目的です。

普段買うものよりもちょっとだけいいモノを買いにいく

最後に映画と恋愛本で、なんとなく心をウキウキさせたら、買い物に出かけましょう。何を買うかというと、靴や服やアクセサリーなど他人からちゃんと見えるアイテムを購入します。その際のポイントは、いつも購入するものより、ちょっとだけ値段が高いモノを購入する事です。普段1万円の靴を買う方は、1万3,000円の靴を買ってみてください。

ちょっと良いモノを購入するメリットは、自然と人に見せたくなったり、早くそのアイテムを身につけて出かけたくなったりすることです。

今回の方法で、しばらく使っていなかった感情が揺さぶられ、面倒だと思っていた恋愛への意欲が少しだけ湧いた方もいるのではないでしょうか。

恋愛は始めるとなると行動が必要で、面倒なこともあるでしょう。そんな時は無理に出会いを広げる前に、休息を取りつつ自分の感覚の調整に取り組んでみてください。

おおしま りえの他の記事を読む