私、寿退社しちゃいます!「社内恋愛」を結婚に導く3ステップ

「周囲にバレたら面倒だし・・・」と敬遠されがちな社内恋愛ですが、お互い仕事の大変さを理解できたり、メリットもたくさん!あるインターネットの調査では、社内恋愛を経験した人の5人に1人が「結婚」に至っているそう。これは興味深い数字ですよね。

そこで今回は、成婚率の高い「社内恋愛」のアプローチ方法について、段階順にご紹介していきます。

社内恋愛ステップ1:視線で伝える

まずは「視線」を合わせて、相手に自分の存在を意識してもらうことが大切。恋愛心理学では、男性は特定の女性に見つめられるほど好意をもってしまうといわれています。また、その回数や時間が多いほどその傾向は強くなるといわれています。

職場ではなかなか高いハードルに感じてしまうかもしれませんが、わからないことを質問したり、自分ができる範囲で業務を手伝ったりするのが効果的。彼と少しでも多くの接点をもつことを心掛けてみて下さい。

そしてその機会が作れたら、笑顔をつくって、恥ずかしがらずに積極的に視線を送りましょう。これが、成功への第一歩です。

また、視線を送るのと同時に忘れてはいけないのが元気な挨拶!挨拶はコミュニケーションの基本。されて嫌な気持ちになる人はいません。毎日挨拶することがポイントです。

距離を縮めるには、「あなたのことを気にかけています」というサインを送ることが大切!相手の体調が優れないときや仕事でお疲れ気味のときは、多くは語らず「大丈夫ですか?」と優しく声を掛けましょう。これだけで、あなたの気持ちは十分伝わります。

逆に嬉しそうなときや機嫌が良さそうなときは、「何かいいことあったんですか?」と深掘りして聞いてみて下さい。彼のちょっとした変化に気付けるかどうかが、勝負の分かれ目です。

社内恋愛ステップ2:食事に誘ってみる

食事をするカップル

社内恋愛からお付き合いに繋げていくには、食事や飲みに誘うなどして、二人きりの時間を共有する必要があります。いきなり二人きりは難しいという場合は、まずは大人数で食事するのもいいでしょう。「みんなで行きましょう!」と言えば、少し誘いやすくなるかもしれません。

ある程度回数を重ね、お互いのことを知れてきたら二人きりを希望するのも自然です。可能であれば、ランチに誘うのもオススメ!その際は沈黙が続いてしまわないように、事前にお互いの共通点をリサーチしておきましょう。

また、彼の周りから攻める「外堀作戦」も同時進行していきましょう。飲み会の席などで、意中の彼と親しくしている人と話せる機会があれば大チャンス!

「○○さんって盛り上げ上手ですよね!」などと、不審に思われない程度にさりげなく褒めてみて下さい。ポジティブな話題は、人伝てで彼に伝わる可能性も高くなります。

社内恋愛ステップ3:悩みを打ち明ける

心理学でよくいわれる、「返報性の原理」をご存知ですか?SNSでメッセージやコメントをもらうと「返さなきゃ」と考えたり、「イイね!」を押してもらうと自分も押してあげようかなと思ったりすることです。

このように「返報性の原理」は、何かを与えられると「返さないといけない」という心理効果が働く状態のことをいいます。これを恋愛にも応用してみましょう。

自分の悩みや弱みを打ち明けることで、彼は「この子は自分を信頼してくれている」と感じます。またそれと同時に、その気持ちに応えなきゃという心理も自然と働きます。それによって、普段なかなか腹の内を見せないポーカーフェイスの彼であっても、ポロっと本音を聞けちゃったなんてケースがよくあるんです。

愚痴を言える女性、本音で語り合えた女性は、彼にとって「特別な存在」になります。親しくしている同僚・上司・部下といった恋人未満の関係から、もう一歩踏み込んでステップアップしたいと思ったときに使える必殺技!

「悩みを打ち明ける」ということは、自分の愚痴を聞いてもらうためではなく、相手の愚痴を引き出すためのテクニックです。悩みの内容は、仕事のことだけでなく恋愛のことでも構いません。

日頃から誰かの愚痴を聞いたり、「相談役」のポジションになっていることが多い彼であれば、より効果が期待できます。是非、試してみて下さい。

「告白してもしフラれてしまったら・・・」「別れた後、職場で顔を合わせるのは気まずい」といったように、確かに社内恋愛にはリスクも伴います。ですが、最初から失敗を恐れ、先のことばかり考えていても何も始まりません。

結婚に至る確率が高い「社内恋愛」。真剣交際へと発展する可能性が高いので、トライしてみる価値はありそう!今までなかなか勇気が出なかったという女性も、焦らず、最低限のルールを守ってアプローチしてみて下さいね。