第一印象で大事なのは「声」でした

第一印象は何で決まると思いますか?まずぱっと見た感じの雰囲気で決まります。しかし自己紹介が始まると、声というものが加わりますから、その声と共に第一印象は決まります。第一印象で大切な声、どんな声が良いのでしょうか?

 

声はその人を現わしている

声というのは面白いもので、その人の個性を現わしているとも言われています。男性で魅力的だと思われる声は低い声、女性なら高い声が魅力的だと思われています。

しかし実際いい声をしている人は、その人の立場や考え方、行動力やその人自身を現わしています。気持ちの良い声だと思う人は、きっと性格もさばさばとした気持ちの良い人なのでしょう。

声のトーンとスピードをテクニックに加える

早口でプレゼンしたり、部下に指示したり、そうなるとあの人はせっかちな人、となってしまいます。本当はおっとりした性格であるのに、口だけ早口な人もいます。そのギャップに驚く人もいるでしょう。

出来れば他人に向ける声には配慮して、トーンを抑えて、スピードも適切なスピードで話すようにしましょう。

声で印象は4割決まります

声によって印象が4割りかたまると言われていますから、もしこれから面接だ、という場合はしっかり滑舌の良い声や喋り口で臨みましょう。なめらかで、温かみのある声、ペースは若干ゆったりと、余裕をもって望むことが望ましいです。

印象4割が声だなんて、と思う人もいるかもしれませんが、実際声が良い人は、仕事も出来る人が多いのです。もじもじ話す人は、大胆な仕事ぶりを望むことが出来ないと判断されるのでしょう。出来るだけ堂々とした声で話すようにしましょう。

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…