いい人はいるのではなく気づくもの!質を変える大人の出会い作法

合コンや飲み会には行っているけれど、なんとなくいい人がいなくて好きな人すらできません。そんな頑張りと結果が結びついていない女子ってけっこう多いのではないでしょうか。

出会いはあるけれどそこから先がないという女子は、実は大事な出会いの作法を忘れている事があるようです。

相手のいいところ、探していますか?

あなたの想ういい人ってどんな人ですか?優しそう、仕事できそう、イケメンなどなど好みは色々あると思います。では最近出会った男性一人を思い浮かべて、いいところを3つ位あげてみてください。ここでパッと出なかった女子は要注意。自分の思ういい人を探すばかりで、相手のいいところが見えなくなっている傾向があります。

相手のいいところが見えてくると会話が弾みやすくなり、関係がぐっと縮まります。つまりお互いの好感度があがりやすくなり、チャンスも増えるのです。王子様探しの前に、まずは周りにいる人たちに目を向けているか確認してみましょう。

ガツガツするのはむしろ礼儀です

肉食女子が増えた昨今、ガツガツしすぎは御法度と言われますが、最近はこのガツガツの意味が誤って一人歩きをしているように思います。さすがに年収や学歴を脈絡なく根掘り葉掘り聞くことは避けるべきですが、相手に対する興味のガツガツはむしろ持つべきです。

趣味や好物は何か、仕事は何が大変なのか、普段は何をしているのか。自分のアピールをするよりも、相手の興味を聞きたがる姿勢は、相手からも関心があると思われプラスですし、アナタにとってもいいところ探しができ、かつ判断材料が増えるため大きくプラスです。

人間は大なり小なり自分の話を聞いて欲しい傾向にあるそうです。その心理を心にとどめ、普段の倍くらい相手にガツガツと関心や質問を向けてみましょう

それでも出会いがなかったら、芋づる式に出会いを広げる

相手のいいところを探し、正しいガツガツ感を身につけたアナタ。でも、やっぱり今日の出会いは不発だった!そんな判断が下ったらどうしましょう。捨て戦と割り切って食い気に走りますか?いえいえ、そんなときは次につながりそうな相手を一人選んで友達になってしまいましょう。

そして今度は自分が飲み会をセッティングするもよし、ためしに1回デートしてみるもよしです。その場でアリナシの答えを出さずに、回答保留で次回に持ち越す余裕を、最後に添えてみましょう。

合コンや飲み会の場でモテる女子というのは、実はかわいい子ではなく、身のこなしがウマかったり、立ち位置の分かっている人だったりします。

なんとなくいい人いたらなーくらいの軽い気持ちのアナタは、そんな競争相手たちと渡り合っていけるでしょうか。ぜひ次の出会いの場から気持ちを入れ替え、正しいガツガツで出会いを広げてみましょう。

おおしま りえの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…