彼のことが好きすぎて…自分の中の執着心と向き合うためにしたいこと

大好きな人のためならなんだってしたい!

そんな真正面から恋愛をしている女子って応援したくなります。でも悲しいことに、心はいつも安定しているわけではありません。ちょっとしたことがキッカケで、細かいことがすごく気になってしまう。頭ではダメだって思っていても、メールの返事や彼のリアクションが四六時中気になる、このまま恋愛がうまくいかなかったらどうしようと、マイナスの妄想と日々戦う方も多いのではないでしょうか。

今日はそんなアナタの大敵、執着心についてお話したいと思います。

執着心はなぜ生まれてしまうの?

「執着」とは特定の何かに強くとらわれ、そこから離れられなくなることです。恋愛で言えば好きな彼や今の恋愛関係が壊れることに恐怖を抱くこと、両想いになりたいと強く願うことかと思います。

執着心はなぜ生まれるのか、これは一言では言えませんが、相手に対する強い期待感や固執から生まれてしまうと言われています。たとえば「絶対両想いになりたい!」「どうしても別れたくない!」「絶対結婚したい!」など、強い愛情や恋心から生まれた執着心は、一見相手のことを考えての結果に見えますが、本当は自分の中の強い気持ちがただ表面に出てしまっただけなのです。

執着心で心がマイナスになってしまった時のアプローチ

敵の正体を知ったところで、つぎに執着心に心を揺さぶられている女子に1つ提案です。それは、徹底的に自分の気持ちをやりきってみませんか、という解決方法。

例えば片想いの彼がいるなら、見た目を磨き、恋のテクニックを学び、押し引きもしつくす。これは当たり前でまだ序の口、縁結びの神社を行ける限り行き、おまじないをし、当たる占い師をハシゴする。自分のパワーと時間とお金を、出来る限り今の悩みにつぎこんでみましょう(得体の知れない壷などにはご注意を)。

そうすると不思議なもので「もうここまでやってダメだったらいいかなー」というように、心がふっと軽くなる瞬間が訪れます。その感覚こそが、執着心から解放されたときなのです。

自分の感情と向き合うと、今回の場合は一時的にはラクになっても、彼のリアクション次第でまた苦しくなってしまうのはよくある話。でも自分の中の執着心を物理的に一度出し切ってしまうことで、相手のリアクションで再度揺れるということは少なくなるはずです。

そして場合によっては、次の恋や、もっとお互いがプラスになるような関係が築ける可能性もあるのです。

「百聞は一見にしかず」このことわざには実は続きがあり「百見は一考にしかず、百考は一行にしかず」と言うそうです。

考えすぎは1つの行動で解決に向かうというのは、いろんな場面である話。ぜひ自分の感情に押しつぶされてしまう前に、上手に切り抜けて素敵な恋愛をつかんでください。

おおしま りえの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…