気遣っても気づかれない…男性が語るデートのがっかりエピソード5選

「男って気遣いが足りない!」と思っている女性はいるかもしれません。確かに気遣いが足りない男性はいますよね。

でも、もしかしたら自分が男性の気遣いに気づいていないという可能性があるかも……?

今回は、女性にしっかり気遣いを行ったものの、その気遣いにまったく気づいてもらえなかった男性の心の叫びをご紹介します。

気づいてもらえなかったこと1:“さりげなく”道路側を歩いていた

「女性と歩くときはさり気なく道路側を歩くようにしていたけれど、さり気なさすぎてまったく気づいてもらえなかった。かといってわざとらしくしたらそれはそれでNGだろうし…‥」(35歳/建設)

わざとらしいモテテクを披露されることは嫌ですが、さり気なくならOKという女性も多いでしょう。しかし、“さり気なく”というものは相手に気づかれないように行うもの。

”さり気なく”を望む女性は、その分だけさり気なさに気づくスキルが求められそう。

気づいてもらえなかったこと2:お店では冷暖房の位置を確認して席を勧めた

「お店に入ったときは、彼女に冷暖房の風が直接当たらないような位置に席を勧めていた。夏場は冷気が、冬場は暖房の風が直撃すると思って……。でもそんな気遣いは気づかれないし、むしろ『なにきょろきょろしているの、さっさと座ろうよ!』と言われた……」(31歳/小売り)

「お店に入ったら冷房直撃で寒すぎ!」ってこと、あるあるですよね。こちらの男性はそうならないように、お店側から指定がない限りは冷暖房の位置を気にして席を選んでいたようです。

気づいてもらえなかったこと3:デート中はスマホを一切いじらない

「デート中はスマホを一切いじらないし、バッグから出すことさえもしない。もちろん常にマナーモード状態。彼女とのデートを楽しみたいし、デート中にスマホをいじるのは失礼だから控えていた。まあ、彼女は気にせずスマホをいじっていたけれど」(35歳/教育)

デートを邪魔する代表アイテムがスマホ。画面の向こう側にいる相手やゲームよりも、目の前にいるデート相手を優先したいですよね。でも、スマホがないことは意外と気づきにくいようです。

気づいてもらえなかったこと4:ヒールのときは歩くペースや道を考えていた

「女性と歩く際はゆっくり歩くようにしていたけれど、ヒールのときは特に注意を払ってゆっくり歩いていた。歩く道もヒールで歩きづらそうな土の部分やマンホール部分は避けて、常に歩きやすいように気をつける。でも、そういう気遣いは気づいてもらえない」(30歳/サービス)

「ヒールのときはゆっくり歩く」という男性はけっこういますし、その程度の気遣いなら女性も気づくでしょう。しかし、こちらの男性は歩く道まで考慮していたよう。素晴らしい気遣いですね。

気づいてもらえなかったこと5:お見送りは見えなくなるまで見ていた

「どこかへお見送りをしたときは、彼女の姿が見えなくなるまで彼女を見ていた。もしも彼女が振り返ったときに、相手がいなかったら寂しいだろうし……でも彼女が振り返ること自体まったくなかった」(28歳/金融)

お別れしたとき、振り返って彼がいたらとてもうれしいですよね。少し照れてしまいますが、そういう気遣いも大切です。もしも女性が振り返ってくれていたら、きっと気づけたでしょうね……。

男性は意外と気遣っている

さり気ない気遣いに気づくのはけっこう大変です。私たちが気づかないだけで、男性は意外と気遣いをしてくれているのかもしれません。

私たちもその気遣いに気づけるよう、彼の行動を意識的に観察しておきたいですね。

もしも気遣いに気づければ、きっと男性の愛情を感じられるはずです。二人の仲を進展させるためにも、ぜひ彼の気遣いを意識してみてくださいね!

 

written by 神之れい

Photo by すしぱく


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…