バツイチのアラサー女性は年下の恋人かアラフィフ男性がお勧めです

結婚に失敗した経験のあるアラサー女性は、同世代の未婚女性よりも多くの人生経験をし、他人を見る目を養っているということに気付いていますか?
離婚した時にたくさん傷ついたかもしれませんが、まだ若いのですから、その経験を活かせば、前の結婚よりももっと幸せになれるチャンスがいくらでもあることを忘れないでくださいね。

【バツイチ女性の心は疲れています】

10代~20代前半の心は、元気満々です。毎朝「今日もどんな嬉しいことがあるかな!?」なんて思っていませんでしたか?ワクワクドキドキすることも多かったですよね。
でも、バツイチのアラサー女性には、毎日の生活にワクワクドキドキする感覚なんて思いだす暇なんて無いのが現実でしょう。
何故なら、結婚と違っても離婚は本当に疲れるのです。

最終的に離婚が成立した喜びから晴々した気持ちにホンの一瞬なることはあっても、心が疲れ果ててボロボロになってしまっていることも多いからです。
多くのバツイチのアラサー女性は、将来のことを考えて生活を立て直すことに必死になっているでしょう。中には、結婚している時から経済的に独立している女性もいますので、就活の苦しみを味合わなくてすむ人もいますが、まず子供のいる女性の多くは、生計を立てるための就活から始めなければなりません。

離婚の傷もまだ癒えぬまま、子供のために、自分のために、老後の生活を考えて必死に就活をし、就職ができたら定年までこの先30年も頑張り続けなければなりません。
若い時の離婚経験は自分が思った以上に女性の心を傷つけています。このまま独りで頑張り続けていたら、いつか心が折れてしまうかもしれません。
そんなあなたの心は、トキメキよりも、あんがい癒しと安心を望んでいたりすることもあるのですよ。

【心を本当に癒してくれる男性はどんな人?】

では、心を本当に癒しや安心を与えてくれる男性とはどんな人でしょう。

例えば、いつも一緒に居る気心の知れた男性も候補の独りです。教育係となって指導しているルーキー君とか、いつもチームになって仕事をする独身の直属上司なんてどうでしょう。

1日のほとんどを一緒に過ごすのですから、気心が知れるのも当たり前です。残業帰りに一緒に食事をすることもあるでしょう。普段見ないオフの相手を見ると意外にもドキッとする自分に驚くなんてこともあるかもしれませんね。
年が離れているルーキー君は、同世代の異性にないものを見つけ新鮮に感じるものですよ。若い彼は勢いで突っ走りますから、驚くこともあるでしょうが、純粋で嬉しいことも多いでしょう。その微笑ましさが癒しとなるのです。
それに、彼と一緒にいると若く居ようと頑張る自分にも気付くかもしれませんよ。精神的に若くいるということは、幸せの第一歩でもあるのです。若く生き生きした心には幸せや楽しいことが寄ってくるものです。

反対に、歳の離れた年上の独身上司には、頼れる安心感が癒しとなるでしょう。仕事の話からいつもとは違った雰囲気で、上司がプライベイトの優しい顔を覗かせたりした時に、ドキッとすることもあるでしょう。「頑張っている私をちゃんと見ていてくれる」という安心感が、頑張っている心を癒すのです。

離婚の傷は意外にも深いものですから、こんなふうに過去のお相手と全く異なった世代の男性なら素直な心で接することができる可能性も高いのです。
前を向いて幸せの女神の前髪を掴みましょうね☆

鶴山あずさの他の記事を読む