いい感じだったのにどうして? 急にそっけなくなる男性心理とは?

勇気を出して、アプローチをかけてみたら、男性の反応も上々。
「あと一押しで付き合えるかな?」とワクワクしていたのに、急に連絡がこなくなる。

「あれ、自分の勘違いだったのかな?」

という経験はありませんか。

その裏で男子が考えていることは何なのか?
「いい感じだったのに、急にそっけなくなる男性心理」について、まとめてみます。

1.デートの印象がよくなかった

一番よくある理由が「実際にデートをしてみたら、面白くなかったから」です。
デート前のメールのやりとりは楽しくても、実際に会ってみたら面白くなかったり、イメージと違っていた。
悲しい現実ですが、「今回はパスしよう」と男性は考えているのです。

でも、諦めないで下さい。やり直すチャンスはまだあります。
それは、「しばらく時間をあけること」です。

そのときの男性の状況にもよるのですが、ちょうどデートできる女子がいなくなって、寂しくなるときがあります。そこでタイミングよく連絡がとれれば、もう一回会ってみようかなとなります。

もし、またデートをしたいと思っているなら、しばらく時間を置いてからアプローチをしてみましょう。

2.SNSを見たら、印象が悪くなった

男性が気になる女性のSNSを見つけて、興味本位で覗いてみる。そのとき、SNSの内容に幻滅することがあります。

・自撮りの写真が多い
・男友達と写っている写真が多い
・ネガティブ投稿が多い

第一印象がすごく良くて、「どんな人なんだろう」とミステリアスで素敵な想像をしているのに、彼女のSNSを見つけてしまう。ドキドキしながら覗いてみたら、自撮だったり、ネガティブ投稿ばかり……。残念ながら、素敵な想像は雲散霧消(うんさんむしょう)してしまいます。

SNSの使い方はネットリテラシーの1つだと思います。
時代の流れに逆行して、SNSをやめるのも変な話ですので、自由にSNSを使いたいなら、閲覧に制限をかけて楽しむのがよいと思います。
もしSNSの使い方が気になるのなら、相談できる男性に見てもらうのがよいでしょう。

3.他の女子といい感じになってきた

恋愛に積極的な男性は同時並行で複数人の女性と連絡をとっています。
複数人のなかの一人として、あなたにもアプローチをかけていた。でも、あなたよりも魅力的な女性といい感じになってきた。なので急にそっけなくなってしまうのです。

ちなみに水野敬也さんの『LOVE理論』というモテ本には、こう書かれています。

“同時に何人もの女に狙いを定めることで、「別にフラれてもいいや」という心の保険を獲得し、常に余裕を保つのである。”
“付き合うまでの口説きに関しては常時何人もの女に声をかけ、執着心を分散させることが肝心なのだ。”

一人に執着するのではなく、複数人に声をかければ、失敗したときも落ち込みにくくなります。たとえば、三人に声をかければ、一人ぐらいはOKがもらえるかもしれない。
もしも三人同時にOKがでれば、三人から選べるわけです。三人とデートして、そのなかで一番魅力的な女性を見定めることができます。

急にそっけなくなることには、ちゃんと理由があるのです。
この場合、あなたは悪くありません。切り替えて、次へ行きましょう。

恋人関係になるにはタイミングが大事

一期一会の出会いでデートをして、恋人関係になるためには、タイミングが大事だと思います。

「恋人がほしい!」と強く思っている時期なら、すぐに恋人関係になれるでしょう。でも、「いい人がいれば付き合いたい」という態度なら、それは選んでいる状態なので、恋人関係へはなかなか発展しません。

タイミングよく素敵な男性と出会えるのが理想ですが、そんな都合のいいことは滅多にないですよね。

あなたは今すぐに恋人がほしいですか?
それともいい人がいれば付き合いたいですか?

男性側の本気度も大事ですが、あなた自身の本気度も大事です。急にそっけなくなった男性のことは引きずらないで、次の恋愛に向けて、がんばってください。

written by 前田ヒロキ


この記事どうだった?

3いいね!

3うーん…