佐藤健が苦手なものを告白

イケメン俳優の佐藤健ちゃんが、1日都内で行われた主演映画「世界から猫が消えたなら」の試写会に登場しました!

余命宣告された青年が悪魔との取り引きをして、自分の大切なものと引き換えに1日延命できるという物語ね。

世界から消えてほしいものを聞かれた健ちゃんは「毛虫」とこたえたの。

「すぐ蝶になってほしいです。卵から蝶で出てきてほしい」と言うのよ。

もう27歳になる健ちゃんだけど、毛虫が苦手ってかわいいじゃない!

 

また試写会には主題歌「ひずみ」を歌う女性歌手のHARUHIと共演女優の宮崎あおいも登場。

HARUHIがまだ17歳と知った宮崎は「私が17歳のころはまるまると太ってて、マネージャーにストップをかけられてました」と告白したの。

もう30歳になった宮崎は「当時の作品は観返してほしくない」と苦笑いしていたわ。

 

なお、映画「世界から猫が消えたなら」は14日から公開よ!

ガルタメ芸能学園:ぷりりん


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…