むっちりが好き……だけなの?男子が理解していない「女子の脚の悩み」4選

なにごとによらず、作るより評価するほうが簡単だったりします。
料理は作るよりも食べて「うん、美味しい」と言うほうが簡単ですし、女子のおみあしは「うん、ぼくはむっちりした脚が好きだから君の足はとても美しい」と評価する男のほうが楽をしています。
今回は、男子が理解していない女子の脚に関する悩みに迫ります。
さっそくご紹介しましょう!

1:外反母趾

「女子の外反母趾というのが、ぼくはよく理解できないです。なぜ外反母趾になるのか? 外反母趾になってもなぜ足先が細くてヒールの高い靴を履き続けるのか? 謎です」(25歳・教材販売)

男で外反母趾の人って、女子に比べてすごく少ないでしょうから、男に「わたしの外反母趾のこと」を語っても、さほどの理解も得られないのかもしれません。

2:タコ・ウオノメ

「ヒールを履いたときに踏ん張るところに、タコやウオノメができて痛いと彼女は言いますが、タコとウオノメのちがいは愚か、タコのこともウオノメのことも、ぼくはさっぱり理解できていません」(27歳・通信)

ではイカのことは理解できているかと言えば、それも理解できていないことでしょう。

3:ふくらはぎがダルイ

「デートをしていたら、夕方くらいに決まって彼女は『ふくらはぎがダルイ』と言い出します。で、どこかに座りたいと始まって……正直めんどくさいなと思います」(25歳・飲食)

ふくらはぎは第二の心臓です……という言い方って、もうネット上に溢れているので、ご存知の女子のほうが多いかと思いますが、「男子専用の」サイトには、そんなこと書いてないので、男は女子のふくらはぎのダルさを知らないのでしょう。

4:セルライトってなに?

「ぼくの彼女は、お尻から太ももにかけてのセルライトが気になるそうですが、セルライトってなんですか? ライト? 明かり?」(27歳・建築)

ま、男には一生わからないでしょう。

今回のまとめ

いかがでしたか?
ちなみに男子の脚の悩みって、久しぶりに走ったから膝が痛いとか、太ももが筋肉痛とか、そういうことだったりします。
男子って若くしてすでにおじいちゃんなのかもしれません。

ご紹介したような、男が知らない女子の脚の悩みは、若いうちから彼氏に話してあげて共有しておくといいかもしれません。
共有しておくと、デートのときの歩く速さとか、一緒に旅行に行ったときのプランとか、そういう細かいことに気を遣ってくれるステキな彼氏になるかもしれません。
なにごとによらず「知らない」って、喧嘩の元だったりしますもんね。

Written by ひとみしょう


この記事どうだった?

0いいね!

3うーん…