「あ、あれ?コイツ、こんなに可愛かったっけ?」男性が、女友達を意識し始める4つの瞬間

男性は、基本的には出会った瞬間に「恋愛対象」の女性か、「恋愛対象外(=女友達)」の女性かを無意識に分類する生き物だそう。

でも、「じゃあ、友達みたいな関係の彼とは、もう付き合えないんだ・・・」と落ち込む必要はありません。

男性は、ごくまれに「恋愛対象外」だった女友達のことを、突然意識し始めてしまうこともあるんだとか!

今回は、男性が「女友達をオンナとして意識し始める瞬間について考えていきましょう。

1.他の男性から話しかけられている姿を見たとき

女性は、「誰が、何と言おうと私にとって彼は良いオトコ!」というように、自分にとっての『良いオトコ』かどうか判断ができる生き物。

でも、男性は違います。
ですから、これまで『ただのオンナ友達』と思っていた女性が、他の男性に親しげに話しかけられている姿を見かけると、「あれ……、アイツ誰と話してるんだろう。なんか、楽しそうだな」と、自分の心にこれまでと違った感情が生まれたことに気付いたりするのです。

もし、気になる彼があなたのことを『ただのオンナ友達』としか見ていなさそうなら、一緒に合コン幹事をすることをオススメします。
合コンで、他の男性があなたに話しかける姿を見せることで、彼に嫉妬心を与えられるかも?
もちろん、彼の好きな女性のタイプを連れていかないように気をつけましょうね!

2.偶然二人になって、話が盛り上がったとき

一般的に男性は、『目』で恋をすると言われています。

ですから、ちょっと厳しい言い方ですが、初対面で『恋愛対象外』と判断された女性は、彼にとって「見た目がタイプではなかった」ということ。

でも、それは、『大勢の中の一人』としてあなたを見て、判断したから起きた結果です。
つまり、二人になって、周囲に他の女性がいない状態であれば、再度あなたを判断する機会ができるのです。
そのときに場を盛り上げることができると、男性は「あれ、意外とこの子と気が合うかも?気付かなかったけど、可愛いかもしれない!」と思いなおし、あなたを「オンナ」として意識し出す可能性があるのです。
彼と二人になれる機会があったら、その日は是非彼好みのスタイルで臨みましょう!

3.女友達がフラれたとき

男性には、生まれ持って『女性を守る』という本能が備わっています。
古来から、女・子どもを守る習性があったため、家族でなくとも女性を守るということを自然としてしまうのです。

ですから、あなたが彼にフラれた直後というのは、実は男友達との恋の発展にとって大チャンス!
男性は、弱っているあなたを見て「俺が守ってあげないと」という気持ちになりやすいのです。
もちろん、弱みにつけこむ男性もいるので注意は必要ですが、一度「フラれちゃったんだよね」と言ってみるのはアリかも?

フラれた直後だけでなく、落ち込んでいるときなどに悩みを相談するだけでも、彼は「俺がなんとかしてあげよう!」と考え、あなたのことを『オンナ』と意識し始めるかもしれませんよ。

4.周囲に「付き合ってそう」と言われたとき

周囲から、「二人って仲良くて、カップルみたいだよね!」と言われることがあるくらい、気になる彼と仲良しという方は大注目!

言われるほどに、彼はあなたのことを意識し出してしまうからです。

これは、周囲から「あなたって、○○だよね」とラベルを貼られると、本人がその通りに行動するようになるという『ラベリング効果』を利用できるから。
「二人って夫婦みたい」「本当にお似合いだよね」……周囲から、このように言われれば言われるほど、彼の中であなたの存在は本当に『彼女』『嫁』という風に意識づけられていき、そのうち「俺、この子のことを大事にしよう」と思うに至るのです。

周囲の人に協力してもらえるのなら、二人で一緒にいる場面で、何度かこのセリフを言ってもらうと、彼からの接し方が変わってくるかも?

おわりに

「オンナとして見られてない・・・」と思っても、落ち込むことはありません!
女友達から彼女候補に上がるのは、難しいことではないのです。
キッカケをうまく利用して、彼の意識を変えられるように頑張ってくださいね。

written by 下村さき
photo by すしぱく


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…