ご縁を得たいなら幸せを招きやすい人になりましょう!

そんなに美人でもなく、仕事ができるわけでもないのに、幸せが寄って来るような人っていますよね。そんな幸せが寄って来る女性達を尻目に「どうせ私はモテナイから」「どうせ私なんか」と言ったりしていませんか?
では、「幸せを招きやすい人」になるにはどうしたらいいのでしょう?

■ 「言霊(ことだま)」が導く幸せ

言霊(ことだま)とは、古来より言葉には力があり、声に出して発した言葉が現実の現象にも何らかの影響を与えると信じられてきました。
だから、結婚式のスピーチで「別れる」「切れる」といった忌み言葉を避けるのも言霊の影響を考え、昔から縁起が悪いといわれているのです。

たとえ単なる言い伝えだとしても、「信じる者は救われる」というではありませんか! 毎日朝起きて顔を洗ってお化粧をした後に「今日もキレイになるぞー!! 絶対幸せになるぞー!!」と太陽を全身で浴びて空に向かって心の中で叫んでみましょう。もし声に出せる環境なら声に出して言いましょう。声に出した方が自己暗示にかかりやすいですからね!

これを毎日やっていると自然と心が前向きになってくるものです。そうすると、自然と鏡を見るようになり、スキンケアや自分の顔をきれいに見せるメイク方法の載った雑誌にも興味が湧くでしょう。
お化粧もインターネットやドラックストアで安く買うことばかり気にするのではなく、たまにはデパートに行って定価で購入してみましょう。デパートのお化粧品売り場では、肌のチェックやあなたに似合うお化粧の仕方も教えてくれます。定価で購入するだけのメリットはちゃんとあるのです。
女性雑誌等を見てインナーとジャケットの組み合わせ等注意しながら見ているだけでもセンスは磨かれるものです。

雑誌を参考に家にある服で、ちょっと組み合わせを変えるだけでも、全く雰囲気の違った服に早変わり!なんてこともあるのです。
朝から「今日もキレイになるぞー!! 絶対幸せになるぞー!!」と言葉にするだけで、今までおっくうだったことにも興味が湧いて、ちょっとずつあなたも「幸せを招きやすい人」に近付いていきましょう!

■ 元気な挨拶は、自分だけでなく周りも幸せを呼び込むものです

「おはようございます!」の言葉で幸せを掴んだ私の知人の話をしましょう。
彼女は朝が苦手で、高校時代からずっと社会人になった今でも毎朝決まったバスに乗るために、バス停まで全力疾走していました。そして彼女の自宅からバス停までの通り道にある家の前の道を昔からずっと毎朝お掃除しているお婆さんがいたのです。

彼女は高校時代から毎朝走り抜けながら元気に「おはようございます!」とお婆さんに挨拶するのが、ここ10年間の日課になっていました。
そしてつい最近、なんとそのお婆さんを介して、良い縁談が彼女に舞い込んできたのだそうです。そのお見合い写真の男性はあまり彼女のタイプではなかったのだそうですが、彼女は興味本位でお見合いをしたそうです。すると写真よりずっと素敵な男性で、おまけに意気投合して、半年後には結納が整い結婚が決まったそうです。
お婆さんは、お嫁さんと上手くいかず、毎朝元気に挨拶をしてくれる彼女の「おはようございます!」で元気をもらって毎朝彼女を見送るのが嬉しくてしょうがなかったのだそうです。

他人はどこで感謝されているかわからないものです。
本当に幸せはどこからふってわいて来るかわからないですね!

鶴山あずさの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…