彼と距離をもっと縮めるなら、不意なデートに誘ってみる

よく一緒に遊んだり話したりはしつつも、なかなか意中の彼と距離が縮まっている感じがしないとき。そんなときはこちらから不意なデートに誘ってみましょう! 自然に彼を誘うにはどうしたらいいか、誘い方、次につなげるための例をご紹介します。   相談したいことがあると言って、彼を呼びだしてみる  

引用元  何もなくただ誘うことに抵抗があれば、「ちょっと相談したいことがあって」と呼び出すのはどうでしょうか? 仕事に関する相談でも、友人関係に関するプライベートな相談でも構いません。「相談」という目的にすれば自然と、場所選びもオープンな場所より、他に会話が漏れにくいような、2人きりの空間を作りだせます。最初は仕事などの悩み相談で始めた時も、徐々に会話の中でプライベートな話題も持ち出せるといい流れ。彼の優しさが垣間見えると、より好きな気持ちが増していきます。     同じ趣味で共感してから、その趣味に通じる場所へデートする  

引用元    他に自然な誘い方としておすすめなのは、共通の趣味で盛り上がってから、その趣味に通じる場所へとデートすること。例えば、好きな映画の話題。気になる新作情報などをチェックしておき、彼と一緒に映画館デートできるように持ちかけてみましょう。映画上映後に食事でもしながら、またその感想を言い合えば、お互いの心の距離がぐっと近づきます。     次につながる話題を出して、次回のデートの予定をとる  

引用元
  上手く誘えて不意なデートが実現したら、その日だけで終わらせず次につなげましょう!次のデートの予定をとりやすいのは、デートで一番もりあがっているときや帰り間際。先に紹介した悩み相談の場合は、「今回は私の相談を聞いてもらったから、次はあなたの悩みを聞くね。」と言って、一緒にご飯に行く約束をしましょう。彼が自分の心を開くようになると、2人の距離はもっと縮まって行くはずです。       自然に彼を誘うためには、事前に彼が何に興味があるかをリサーチしておくとよいでしょう。共通の知人がいれば、その人を通じて聞いておくのです。偶然の一致を装うことで、彼はどこか運命的なものを感じてくれるかもしれません。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…