待ってるだけじゃダメ? 本命彼女→結婚に進むための3ステップ

「20代後半になったら、自然と結婚できるものだと思っていました」

5,200件以上の相談を受けている筆者のもとに訪れる女性たちは、そのようにコメントすることが多いです。
しかし、実際はそんなふうにうまくいっていない人も多いのではないでしょうか。
自然に身を任せていても結婚できないのですから、縁を授かるには女性の方から戦略を立てて行動する必要があります。

今回は恋愛コンサルタントの筆者が、結婚したい女性が立てるべき戦略と行動ついてご説明します。

親世代とは時代が違う!

今のアラサー世代の親世代に当たる50代以上の方々は、“結婚しない人はおかしい”というのが常識の時代を生きていました。
なので、周囲が積極的に結婚相手を紹介してくれることも今よりは多かったのです。

また、男性にとっても結婚をすることにメリットがありましたから、年頃の男女が付き合うことはすなわち”結婚が前提”でした。

しかし、現在はちょっと事情が違いますよね。
多くの男性は「結婚をしてもそんなにいいことがないんじゃないかな……」と考えていることが多く、付き合ったからと言って自動的に結婚できるというわけではないのです。

「次に付き合う女性とは結婚を考えたい」と思っている男性と付き合う

今あなたに恋人がいない場合、「次に付き合う女性とは結婚を考えたい!」と思っている男性とだけ付き合いましょう。
そうすればあなたは、「彼は結婚する気あるの? ないの?」とやきもきせずに済むのです。
お付き合いの前に「私は将来を考えたお付き合いしかできない。」と直接言うのも手ですし、彼の状況から判断することも不可能ではないでしょう。

例えば、彼の仕事がこの先も安定していそうで、彼の周囲の人間が結婚しており、かつ“そこそこ幸せそう”だという場合、彼は結婚にいいイメージを持っている可能性が高いです。

「結婚願望がある」と判断しても良いでしょう。

あなたの努力で彼の結婚への意識も変わる

お次は、既にお付き合いしている彼がいる場合。

彼は結婚に良いイメージを持ち、仕事はそれなりに安定している状況でしょうか?
もしそうでないなら、そこは彼の問題なので、放っておきましょう。

あなたの努力でカバーできることは2つ。
●「一緒にいてラクだなぁ……」と彼に思ってもらうこと。
●彼にとってあなたが、これ以上の人には巡り合えない相性の合う女性だと思ってもらうこと。

この2点を満たされるかどうかは、あなたの努力次第。
結婚は男性にとって“自由が奪われること”ですが、「自由が奪われても彼女と一緒ならいい!」と思ってもらうことが彼と結婚する近道になるのです。

■決断を迫る

彼の状況が良く、あなたともいい関係。
残念ながら、これだけで男性が結婚を決断することはありえません。
2人の関係を結婚に向かわせるためには、彼に決断させるきっかけが必要です。
●転勤などでなかなか会えなくなる
●妊娠する
●どちらかの親(もしくは彼女本人)が、結婚してくれないなら別れると言う

きっかけを生み出すにはこの他にも方法はありますが、大事なのは「今のままでは、彼女を失うかもしれない!」と彼が危機感を覚えること。

おわりに

いかがでしたか? 彼を結婚に向かわせる基本的な戦略。
あなたが今”トントン拍子に結婚へと向かっている”という状況なら、上記の流れにうまく乗ってお付き合いができていた、とも言えますね。

彼が流れから外れているようなら、うまく乗せてあげて、幸せな結婚に向けて一緒に歩いていきましょう。

 

Written by 橘つぐみ
Photo by Sam Wolff