ケンカするほどデトックス! 夫婦げんかのお手本をご紹介

夫婦げんかもやり方次第、その後の処理の仕方次第で、夫婦関係にプラスになったり、マイナスになったりします。もちろん、けんかになるような意見の相違がないのが一番です。ただ、どちらかが自分の意見を我慢して抑え込み、ストレスをためた末に爆発するようであれば、適度な夫婦げんかで上手にガス抜きをしたほうが、ストレスのないパートナーシップが築けます。

夫婦げんかもやり方次第、その後の処理の仕方次第で、夫婦関係にプラスになったり、マイナスになったりします。もちろん、けんかになるような意見の相違がないのが一番です。ただ、どちらかが自分の意見を我慢して抑え込み、ストレスをためた末に爆発するようであれば、適度な夫婦げんかで上手にガス抜きをしたほうが、ストレスのないパートナーシップが築けます。

いい夫婦げんかは夫婦間にたまった老廃物を排出する「デトックス効果」をもたらしますが、ダメな夫婦げんかは逆に出口をふさぐだけでなく、ストレスからもっと老廃物を増やしてしまいます。

それでは、「いい夫婦げんか」とはどのような夫婦げんかなのでしょうか? 実はそこには、「言葉遣い」「態度」「気持ち」の3つに厳然としたルールがあります。そのルールを守ってはじめてできるのが「いい夫婦げんか」。それではこれからそのルールをひとつずつ紹介していきましょう。

■言葉遣いのルール 4ヵ条

まずは言葉遣いに関するルールを4つ。「売り言葉に買い言葉」なんてことにならないように、このルールをしっかり押さえましょう。

□ルール1:相手を脅したり、見下したり、人格や容姿などを否定しない

感情が高ぶってくるとついつい出るのが相手への悪口や暴言。「バカ」「後悔するぞ」、あるいは「デブ」「ハゲ」など、興奮すると普段は思ってもいないような言葉が出てきます。
 
これらはみな、相手を攻撃するだけで問題の解決には少しも役立ちません。さらに「だいたい、あんたの母親はね……」など、話題には関係ない親や親族を否定したり、「あんな会社で……」「そんな大学だから……」など勤務先や学歴を非難したりするような場合もあるかもしれません。

直接の話題と関係ない個人攻撃にまで発展する場合、二人の間に修復不可能な亀裂を入れてしまうこともあります。いくら夫婦でも言っていいことと悪いことがあることを肝に銘じておきましょう。

□ルール2:断定的な言い方をしない

「あなたはいつも……」「絶対……だ」など、断定的な言い方は相手を自分の視点で押さえつけることになり、相手の反発を招きます。

このような言葉はもし、相手が変わろうとしていてもそれを受け入れない態度でいることを最初から表明しているようなものですから、問題解決には向かえません。相手を自分の物差しで決めつけるのはNGです。

□ルール3:推測でモノを言わない

「また○○するんでしょう」「××になるに決まってる」と、自分の推測でものを言うことも、違う意味で自分の視点で相手を押さえつけることに。事実でない推測や仮定をもとに話をしても、問題の解決からは遠ざかるばかりです。大事なことは、事実を冷静に確認して、思い込みやあてずっぽうで語らないことです。

□ルール4:主語は必ず「私」で

自分の意見を述べるときには「私」を主語にして話しましょう。「あなた」を主語にして話すと、「あなたは○○しないじゃない」「あなたはどうしてそんなことを言うの?」など、自然と相手を責めたり、要求をぶつけたりする会話になってしまいます。

たとえ、同じ要求でも「私はあなたに○○しないでほしいと思う」という言い方なら、相手への押しつけがましさが減り、さらなる口論に発展しにくくなります。これは、けんかのとき以外の会話でも意識すると、夫婦のコミュニケーションがスムーズになります。

■態度のルール 6ヵ条

次にご紹介するのは、けんかをする態度に関するルール。感情が高まったとき、思わずとってしまうNGな態度をしっかり認識しておきましょう。

□ルール1:感情的になりそうになったらクールダウン

言い合いをしているうちに、だんだん声が大きくなってきて、最後には怒鳴りあいに……。こうなる前に、大声になってきたと感じたときは、「ちょっとお茶でも飲もう」といったん議論をストップするのがいいけんかです。

大声の応酬は冷静さを失わせるだけ。何か飲み物でも飲むなどブレイクタイムをとり、頭を冷やしましょう。腹式呼吸で深呼吸を何回かするだけでも、高まった感情のクールダウンになります。

□ルール2:相手を追いつめない

多弁な人が、言葉の少ない相手に対してやってしまいがちなのが、逃げ道がないように追い詰めてしまうこと。議論が上手な方は、まるでチェスか将棋をしているかのように相手の理屈をことごとく封じ込め、最後は逆切れするしかないところまで追いつめてしまいがちです。

しかし、これでは相手の反発を誘うだけで、理解を得られない場合が多くなってしまいます。相手の繰り出す理論を100パーセント論破するのではなく、あえて「そうね。その点はあなたの言う通りかもしれないわね」と、一つぐらいは相手の主張を認めてあげることで、相手を追い詰めすぎることを防げます。

□ルール3:暴力は絶対にダメ

感情的になると相手への暴力におよんだり、あるいは物に当たって、何かを壊したりなどは男女を問わず、最も慎むべきことです。力による支配、脅し、威嚇は何の解決にもなりません。それどころか、暴力をふるった人自体の評価を下げてしまうことになります。けんかはあくまでも言葉でのやり取りで進めましょう。

□ルール4:一方的に話し続けないで相手の話をよく聞く

片方が一方的にまくし立て、相手に発言する機会を与えないのは正しいけんかのやり方ではありません。お互いが自分の主張を十分に述べることができるよう、発言は交代しながら行いましょう。

また、自分が聞く番のときには、相手の話の腰を折らず、最後まで聞いてから発言することが、相手への誠意を表わすことにもなります。

□ルール5:ほかの話題は持ち出さない

話がどんどん脱線してしまうのも、けんかの中ではありがちです。「そういえば去年だって……」などと過去にさかのぼって問題を蒸し返したり、「それを言うならこっちの件だって……」と関係のない話題に広げたり。

これらはいずれも論点がぶれ、話し合って決めなければいけない内容がぼやけてしまいます。また余計な悪口にも発展しがち。話し合うテーマはできるだけシンプルに設定し、一つずつ解決していくようにしましょう。

□ルール6:結論を出した後はいつまでも引きずらない

始めるのは簡単でも、終わらせるのは難しいのが夫婦げんか。特に結論をいったん出した後、どんな態度で接したらいいのか迷うときもありますよね。

大事なことは、いつまでも引きずって、けんか腰の態度でつんつんしたり、いじけモードでねちねちと相手を責めたりしないこと。終わったけんかはさらりと忘れ、新たな気持ちでパートナーと接することです。

上手にけんかを終わらせることができるかどうかが、けんか上手になるための大きなポイントです。

■気持ちのルール3ヵ条

最後にご紹介するのが気持ちのルール3ヵ条。いずれも忘れずにいたい重要事項です。

□ルール1:相手の個性を尊重し、変えようとしない

夫婦だって別々の人格ですから、違った個性を持っていて当たり前。その違いを確認し、認め合うのが夫婦げんかの大事な効用だといえるでしょう。間違っても、けんかによって、相手を自分好みに変えようなどと思わないことが大切です。

□ルール2:けんかは勝負の場ではなく意見交換の場と考える

最初から「よし、あいつに勝ってやる」という意気込みでけんかに臨む方がときどきいますが、けんかは勝負の場ではありません。「自分の意見に相手が従ったから自分が勝ち」と考えるのではなく、お互いの意見がわかり、双方が納得できる点が見つかったことを評価するべきです。

よい話し合い=けんかをできた二人が、お互いをほめてよいと思います。

□ルール3:前向きな態度でケンカをする

夫婦げんかも広い意味では夫婦のコミュニケーションの一つです。最初から相手を否定し、夫婦で対決しようとするのではなく、最終的には夫婦関係を良い方向に持っていくための手段だ、と考えてけんかをすることが大事です。

そのためには、心の中で相手を認め、場合によっては自分が一歩下がって譲るという、思いやりを常に持っているようにしましょう。

【夫婦生活ガイド:二松 まゆみ】

All Aboutの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…