固定概念は自分の首をしめる! 婚活アラサー女子の「2つの壁」

「婚活がうまくいかない」という声を、アラサー世代の女性から多く聞きます。婚活しても結婚につながらないのは、なぜでしょう。あなたが行っている婚活の方法は正しいでしょうか? 選ぶ男性のランクを下げれば、すぐに結婚できるはずと思い込んでいないでしょうか?

ある年齢になると、どんなに出会いの場へ出かけても、あなた自身の意識や考え方を変えない限り、すんなりと結婚することは難しいのが現実なのです。

■アラサー世代の前に立ちふさがる二つの障壁

アラサー世代がすぐに結婚できない理由とは何だと思いますか? 以下の二つが考えられます。

1:他人、特に同性からどう思われるかという見栄
2:結婚は恋愛の末でなければいけないという思考

これらは、20代のとき男性にモテた女性ほど陥る危険性が高いので、気をつけてください。

■どう出会ったのかを気にしているのは、あなただけかも

一つ目は、他人に対しての見栄が邪魔をして、結婚できないというパターンです。

たとえば、結婚が決まったときに必ず聞かれるのが、「どこで二人が出会ったのか」ということ。そんなとき、多少なりとも他人、特に同性である女性からうらやまれる出会い方でないと、引け目を感じる人が多いようです。

合コンは「知人の紹介」、異業種交流会は「パーティー」「飲み会」ということになります。お見合いパーティーや結婚相談所などは、何となく少し受け身な出会い方(つまり自由恋愛では選ばれなかった)として、あまり積極的に人に言いたがらない傾向があります。

正直なところ、既婚者からすると、他人の出会った過程などほとんど気にしていません。なぜなら、結婚してからきちんと幸せな家庭を築く方が、よほど大切なことを実感しているからです。仲良しな夫婦を見て「あのように年を重ねたいな」と思うことに、お見合い結婚か恋愛結婚かを気にすることはないでしょう。

■「大恋愛の末に結婚」にこだわるのは危険

二つ目の理由として、やはり「結婚は大恋愛の末にしたい」という固定観念があるように思います。男の私でもそうだったので、女性ならなおさらでしょう。ただ、そこにとらわれすぎると、結婚がどんどん遠のいていく危険性があるのです。

恋愛に対してエネルギーが使えるピークは20代だと、私は思っています。20代を過ぎて大恋愛の末に結婚までたどり着けなかった場合、30代でその可能性がさらに高まる確率は、かなり低いと考えてください。もちろん大恋愛から結婚するチャンスが無いわけではありませんが、それを夢見るよりも、自分にあった方法を見つけていくことが大切です。

まず、魅力ある同世代の男性の減少が挙げられます。20代のときにモテていた男性は、30代中盤までに大方は結婚してしまいます。仮にそのようなモテる男性とめぐり合えたとしても、その彼から自分が選ばれるかわかりません。そのような男性は、20代の女性陣からも人気があるということも忘れずに。

■自分に非がなくても結婚ができない時代

インターネットマッチング会社のリサーチによれば、「結婚相手に求める妥協の年収ラインは400万円」という数字が出ています。本当の希望は、専業主婦になっても生活レベルを極端に落とさなくていい600万円らしいのですが……。

その場合、2005年の国勢調査を基にシミュレートすれば、25~34歳の女性の数が約390万人、それに対して先の年収400万円以上の男性は、約160万人しかいません。200万人以上、約60%の女性が、自分に非がなくても溢れてしまう計算になります。

30代に入ると、1年という時間が非常に重要です。婚活をしてもなかなか思うような相手と巡り会えない中で、どう向き合っていくのかが本当に重要になります。

■20代のときの恋愛と違うライフパートナーと巡り合うこと

30代からの婚活のコツは、大恋愛からの結婚ではなく、これからの何十年を一緒に支えあっていくライフパートナーを探して巡り合うことに尽きます。ここに早く気持ちを切り替えた人から、幸せになっていくと思います。

そのライフパートナーは、20代のときのように自分から夢中になって追いかけていくような人ではありません。親友のようであり、腐れ縁のような存在かもしれません。最初はなかなか気づかないかもしれませんが、結婚してからどんどん惹かれていく存在で、必ずあなたの幸せを長い期間にわたって運んできてくれるはずです。

【恋愛ガイド:久野 浩司】

All Aboutの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…